『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【社畜日記】会社を辞めることが他の職員に広まった結果

こんにちは、現役プロ社畜ブロガーの学徒です。

学徒は来年の6月に会社を辞めることを決めています。

いつ辞めるかまではまだ会社に伝えていませんが、近い将来会社を辞めるという事は会社の上司に伝えています。

会社の話し合いでは、上司は「まだ会社の他の人には言わないでおく」と言っていたのに、すでにいろんな会社の人が学徒が会社を辞めるということを知っているようですw

学徒自身は別に知られても構わないと言っていたのですが、上司たちはまだ言わないでおくといったわりには散々いろんな人に言いふらしているわけです笑


そして昨日の夕方のことです。


帰りの電車で隣の部署の係長にばったりとあって、学徒の顔を見るなりにやにやし始めました。

学徒が何で笑ってるんですかと聞くと、「いや、いろいろ聞いてるから(笑)」と答えられました。

 
それで、今度飲みに行こうよと言われました。

一応その場は適当に返事をしておきました。


しかし、飲みに行ったところでお説教まがいの話をされることが目に見えているので学徒としては当然行くつもりはありません(笑)


その隣の部署の係長は、かなり口が軽いことで有名なので、これは加速度的なスピードで学徒が辞めるという情報が会社中に広がるのは間違いありませんw


まぁ、別に隠してはいないのでいいんですけどね(笑)


学徒が辞めると言う情報が、周りに広まっていった方が学徒としては余計な仕事を振られる可能性が多少低くなるので、逆に都合がいいわけです。

その係長の話しぶりでは、 学徒がもうこれ以上残業しないという話も広まっているようでした。

そうすると周りの人間としては余計新しい仕事を学徒に振ろうという気にはならなくなるはずです。


さぁ、これからどうなるか楽しみですね(笑)


最初の話し合いの場がもたれてから、予想に反して嵐のような静けさが続いています。

8月末まではよく考えろと言っていたので、8月末までは口を出すのを控えているのかもしれません。

そうするとこの静けさが続くのはあとわずかの時間なのかもしれません。

今週の金曜日あたりが1番危ない時間帯のような気がします。

 

スポンサーリンク