『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

そろそろ「派遣=貧困」というレッテルやめようぜ!

こんにちは、ブロガーの学徒です。

これまで日本では、「派遣=貧困」というイメージが強くありました。

しかし、サービス残業を強いられている正社員や、地方の小さな会社の正社員と比較して果たして派遣社員が時給ベースでそれほど貧困ということができるのでしょうか?


確かに派遣という仕事はいつ契約を更新されなくなるかわからない不安定な職業ではあります。

しかし、仮にその人派遣の仕事が更新されなかったとしても、また違う派遣の仕事は山ほどあるわけです。

そう考えると比較的時給の高い派遣という仕事はそれほど悪いものではないのではないと学徒は考えます。


派遣切りとか非正規社員とかテレビで貧困と言うテーマを扱うときに必ず出てくるようなら言葉のせいで日本全体で派遣社員は貧困であるというイメージがつきまとっていますが、派遣は必ずしも貧困とセットで付きまとうものではないと学徒は考えています。


そもそも仕事のコストパフォーマンスを考えるときは時給ベースでどれぐらい貰っているかということが実は1番重要です。

多くの日本人はこの視点が欠けているか不十分であるため、どんなに長時間労働休日出勤を強いられていても年収1,000万円という響きには憧れを持ってしまいます。


しかし、年収1,000万円の人の生活の実情を分析してみると、本当に昼夜なく働いていたり海外出張や地方での勤務など仕事以外での多くの命を犠牲にしているということが明らかになったりします。


その点派遣社員はアルバイトに比べても時給が高いですし責任もそれほど重くはありません。

もちろん地方への転勤を命じられた場合には即座に退職して他の派遣の仕事を探すという選択肢も可能です。



派遣という働き方は確かに正社員と比べると不安定であるということが言えますが、その分働く側が自由に働き方を決めることが可能なのでそういう点に重要性を置いている人にとってはこれほど素晴らしい制度はありません。



こういった派遣という働き方の明るい面が取り上げられずに、不安定や貧困というキーワードだけが一人歩きしている現状に学徒は疑問を感じます。


そろそろ「派遣=貧困」というレッテルやめようぜ!


今の派遣社員の人たちが感じているのは、単純に賃金の問題ということだけではなく、派遣は貧困であるというレッテルや差別のような周りの人からの不当な扱いによるものだと思います。



派遣社員は正社員では絶対にできないような長期休暇を取得して世界中を旅行したり自分の趣味に打ち込むことが可能です。


こういった派遣という働き方のメリットにもしっかりと光を当ててこういった議論を論ずるべきだと学徒は考えます。

 

スポンサーリンク