『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

貧困貧困っていうけど、生きていくのお金はそんなにいらないよ

こんにちは、ブロガーの学徒です。

NHKの番組なんかを見てると連日貧困の問題が取り上げられています。

でも、貧困貧困っていうけど、生きていくのにお金はそんなにいらないから大丈夫ですよ!



マスコミが貧困って騒ぎ立てるから、

「自分は貧困だ。不幸なんだ!」

とか、

「貧困にならないためにどんなに残業しても今の会社に残らなきゃ!!」

とか心配になっちゃうわけです。


でも、よーく考えてください!


冷静に考えたら生きていくのにそんなにお金はかからなくないですか??


学徒は今の日本は本当にいい時代だと思っています。

スマホ1つあればインターネットを通じてあらゆる娯楽に興じることができるし、あらゆる知識を吸収することができるのです!


家賃の安い片田舎の小さな部屋でも存分に人生を楽しむことができるんですよ!?


そりゃあ贅沢三昧な生活は出来ないかも知れないですけど、それがそんなに不幸なんでしょうか?


日本もほんの30~40年くらい前まではみんなそんなに贅沢なんて出来なかったはずです。


でも、その時の日本人だってそれなりに幸せを感じて生きていたんじゃないですかね??


結局、「貧困」って言葉が一人歩きして差別とかレッテルみたいなものが張られてしまって、その事によって当事者が苦しんでいるように学徒には見えるのです。


だいたい、生活保護の制度があるので一定以下の貧困は一応表向きは無いことになってるはずです。


もちろん、親や配偶者からの虐待とか家庭問題による不幸な事案はたくさんあります。

貧困と深く結びついていたりするのでやっかいです。

でも、純粋に経済的な意味での貧困ってもはや今の日本ではほとんどないんじゃないかな?

当事者に賢いお金の使い方とかを教育する必要性の方が強い気がします。


これからは人工知能の時代が始まります。

格差は間違いなく広がるけど、人類の平均的な生活水準も確実に向上するので未来は明るいですよ!!

10年後はもっといい世の中になっているので、今貧困で辛いと思ってる人は将来に絶望しないでもうちょっとだけ待ちましょう。

そのうち時間が解決してくれるはずです!!

 

スポンサーリンク