『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

もう人間がやる仕事なんてほとんどないじゃないか?

こんにちは、ブロガーの学徒です。

最近すごく感じるのが、


もう人間がやる仕事なんてほとんどないんじゃないか?


ってことです。


産業革命以降、人々の暮らしは劇的に豊かになりました。


既に、贅沢せずに生きていくだけならそれほど頑張って働く必要が無くなって来ています。


さらに今は人工知能の時代です。


決まりきった仕事をするならもはや人間がやるより疲れずミスもしないロボットの方がいいでしょう。


もはや今まで人間がやっていたルーチンワーク的な「仕事」ってほとんど必要がないと言えます。


今はまだ信じられないけど、10年後は今では考えられないくらい人工知能が社会に溶け込んで来ているはずです。


自動運転や受付ロボットや掃除ロボットなど、素人が考え付くだけで世の中の多くの仕事が機械に置き換わります。


これは職が奪われるというよりも、もはや人間が働く必要性が無くなるということを意味しています。


そんな時代が来たときに、僕らはどんなことをして生活していくんでしょうか?


これからの10年、20年は間違いなく自分でやりたいことを決めて行動できる人間が活躍する時代が訪れます。


もし仕事をしなくても生きていける社会になったとき、あなたなら何をして生活していきますか??

 

スポンサーリンク