『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

なぜ新しい本は電子書籍化しないのか?

こんにちは、ブロガーの学徒です。


新しく堀江さんと闇金ウシジマくんの本が出たのでさっそくアマゾンの電子書籍をダウンロードしたところ、まだ電子書籍版が出ていないことが判明しました。


もう本当にこのあたりはため息しか出ません。


ようやく最近になって電子書籍がやっと出版されるようになったのに、未だに新発売の本は最初に上で出版されてしばらくしてから電書籍化されるという流れのようです。


電子書籍であれば今この場でダウンロードして読み始めることができるのに、紙の本しか売っていないのでわざわざ本屋さんまで歩いて行くかAmazonを注文して明日以降受け取るかの2択になります。


きっと出版業界が足を引っ張ってまずは紙の書籍を出版すると言う流れをごり押ししているのでしょうが、本当に逆効果だということがなぜわからないのでしょうか。


gacktは電子書籍で購入することができれば、仮に定価であっても今日ダウンロードして買っていたでしょう。


しかし、明日以降は買って読むのを忘れているかもしれないし、買いに行くのを忘れているうちにそのまま本の存在を忘れてしまう可能性もあります。


つまり商売の機会を失っていると言えるのです。


もうこれから電子書籍化の流れを止めることはできません。


電子書籍で出版すれば海外にいる日本人だって買うことができるので、誰がどう考えたってプラスになるはずです。


日本のこういう文化がどんどん世界から取り残されていく原因なのです。


ようやく電子書籍が出日本でも浸透し始めてこれからどんどん普及していいくという時期にこんな状況では先が思いやられます。


一刻も早く全ての新しく出版される本が電子書籍でも購入できるように配慮してほしいものです。

スポンサーリンク