『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

会社を辞めてニートになったので、今後の計画を立てる

こんにちは、道玄坂学徒です。

 

学徒は、今年の10月中旬に新卒から5年近く勤めた大企業を退職してニートになりました(笑)

 

しばらくはニートとしてのんびり暮らすつもりなので、今後の計画を立てたいと思います。

なお、仕事を辞めることになった経緯なんかはこちらのカテゴリにーに詳細に書いてあるので興味がある方は是非w

 

(参考)

www.dogenzakagakuto.com

 

ではでは、張り切っていきましょう!

スポンサーリンク

 

1.退職後してから3週間の生活

 退職してから3週間はひたすら本を読んだり考え事したり、ボーっとしたりしてあっという間に過ぎてしまいました(笑)

 簡単に記録を書いてみます。

1.1 最初の1週間

最初の1週間は通勤しなくていいという幸せをかみ締めながら生活しました。実に大学生以来の生活です。

 

 まずはこの1週間であらゆる調査をして今後の方針について策定しました。

 

とりあえず貯金がいくらあるのか、生活費がどれくらいかかるのかを計算して、だいたいどれくらいは余裕を持って生活できるのかを考えました。

 

そして、今後の数ヶ月でどういう方針で生活していくのかを策定しました。

 

1.2 2週間目

1週目でひとまず半年くらいは働かずに生活できること、その間にブログで収益をたてることなどを決めました。

 

そこで、2週目はどういうテーマでいくつのブログを運営してどれくらいの収益を目指すのかを策定しました。

 

同時にマーケティングの本を中心に読書を進めて、それぞれのブログの戦略立案に使いました。

 

1.3 3週間目

それまでライブドアブログを利用していたので、はてなブログへ引越し作業を行いました。

 

ライブドアブログでは1000記事ほど記事を書いていたのですが、はてなブログへ引き継ぐ際にURLが変わってしまうことが判明。

 

URLが変わるということは検索エンジンからの評価が0に戻るということなので、ブログを運営する人間にとっては一大事です。

 

悩みに悩んだ末に、あまりアクセスを呼んでいない記事を500記事ほど削除して、残りの500記事を手作業でリダイレクト(自動転送)する作業をしました。

 

同時にGoogleアドセンスに合格するように記事を1から全部見直して、問題のある記事を修正。

 

この作業にめちゃくちゃ時間がかかって死にそうでした(笑)

 

1.4 サボらない仕組みを作ることが重要 

この3週間、まぁまぁ作業したと言えばしていたのですが、サボったりすることも多かったのが反省点です。

 

やっぱり組織で仕事をしていた時に比べて、見張ってくれる人がいないので、自分自身で自分をしっかり管理しないと間違いなく生活が破綻します。

 

今後、どうやってサボるリスクを減らして、しっかりとやるべきことに集中して取り組めるか自分なりのペースを確立することが重要だと考えます。 

 

 

スポンサーリンク

 

2.今後の計画について

 この3週間で概ね現状の分析と、今後の見通しがクリアになったのでまとめてみたいと思います。

2.1 これからの半年間

 最初の3週間の検討により、多少は貯金があるので、全く働かなくてもとりあえず半年くらいは今の生活を維持できることが分かりました。

 

この半年間を使ってブログで収益を得られるか全力で実験をしてみようと思っています。

 

アルバイトを併用させて、貯金を切り崩す額を減らすことも考えたのですが、せっかく仕事を辞めて専業体制に移行したので、しばらくは全力で挑戦してみて様子を見ようと思っています。

 

2.2 複数ブログの運営

 しばらくは専業でブログを運営するので、複数のブログを運営することにしました。

 

複数のブログを運営する理由は3つあります。

 

① ブログを専門化する

これまであらゆるジャンルを1つのブログで表現した結果、「何を書いているか分からない」状況になりました。

なので、テーマごとにブログ自体を分けた方がブログの質が高まると思うのです。

 

②収益を分散する

1つのブログで10万円以上稼ぐのは結構大変だと思います。

一方で、1つのブログで1~3万円程度稼ぐのは比較的達成しやすいと思うのです。

なので、複数のブログでちょっとずつ稼いでいくことを目指します

 

③大量に更新する受け皿を作る

学徒は文章を書くのが好きなので、書くテーマさえ決まっていれば1日に10記事くらいなら書くことができます。

でも、1つのブログを1日に10記事も更新されたら読む側も困ってしまうと思うのです。

なので、複数ブログに分散させて1つのブログあたりの1日の更新記事を1~3記事くらいに今トールすることで、大量の記事を更新する受け皿を作ることにしました。

 

2.3 失敗した場合のセカンドプラン

 ブログを取り巻く状況は日に日に厳しくなっていると感じます。

 

ブログで生活費を稼いでみるという挑戦も、当然失敗する可能性が十分あります。

 

そこで、失敗した時のセカンドプランを考えてみました。

 

それはプログラマーとして再就職することです。

 

最近は2~3ヶ月の勉強で未経験からプログラマーとして就職できるレベルに育ててくれる学校が増えてきたので、十分現実的なプランです。

 

年収は平均で350万円~450万円くらいになるとのこと。

 

決して多くはないですが、とりあえず死なずに生活するには十分な額です。

 

成長産業で常に人手不足の状況なので求人は十分にあります。

 

つまり、プログラマーになればなんとか生きて行く事は可能みたいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 3.さいごに

学徒は一般的に大企業と言われる会社を退職してニートになりました。

自分でも結構無謀だなぁとは思うのですが、実はそこまで不安感を持っているわけではありません。

 

3.1 生きていくのにお金はそんなにいらない

今の時代、ネットが充実してきているので、衣食住とスマホとパソコンがあればほとんど不自由なく生きて行く事が出来ます。 

 

家賃さえ節約すれば、月に10万円とかで生活することも可能です。

 

多めに見積もっても、総支給ベースで月20万円もあれば余裕で生活できます。

 

東京なら月20万円稼ぐだけならいくらでも仕事はあるので、将来をそれほど悲観する必要はないと思っています。

 

3.2 日本は恵まれた国

NHKを中心に日本は格差が深刻だなんて言われています。

 

でも、アメリカや北欧以外のヨーロッパの方がよっぽど格差が深刻で、日本の格差なんて微々たるものだというのが学徒の認識です。

 

中国やインドやアフリカ諸国の格差なんて目も当てられないような状況です。 

 

そんな中、日本では貧困層と言われている所得の人でさえ、自分のスマホを持って、家には大型液晶テレビがあったりするわけです。

 

日本は何だかんだ恵まれた国だと思います。

 

最悪の場合、生活保護もあるので、とりあえずそんなに簡単に死ぬこともないでしょう!

 

3.3 たくさん挑戦して、たくさん失敗しよう!

以上のように、日本では失敗しても死ぬことは無いのは明らかです。

 

なので、もっともっとたくさん挑戦して、そしてたくさん失敗しようと思います!

 

学徒の「大企業を退職する」という選択自体が失敗の可能性もありますが、大企業を辞めたことでより「挑戦しやすくなった」ので、挑戦を繰り返していけばきっとそのうち目が出る日が来ると思うのです。

 

これから先の半年、1年で自分に何が起きるのか全く分からないですが、そんなに不安にならずに気楽に生きていきたいなぁと思います。

スポンサーリンク