『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

年収1200万円!長崎県の離島で島おこし人材を募集していたので応募してみる(笑)

こんにちは、道玄坂学徒です。

さっきニュースで知ったのですが、長崎県の離島・壱岐市がなんと年収1200万円で島おこしの人材を募集していることが発覚しました!

嘘だろ?と思って壱岐市のホームページを見てみたらマジでしたw

というわけで、現在無職ニートの学徒にとっては素晴らしいアルバイトなので応募してみることにしました(笑)

スポンサーリンク

 

 こちらが業務内容と応募資格になります。

業務内容・応募資格
1 業務内容
Iki-Bizの個別経営相談事業、連携事業及び情報発信等を実施し、中小企業の売り上げアップにつなげることにより、地域の活性化に資するための中心的な役割を果たすこと。

2 応募資格:次の条件を全て兼ね備える人を求めています。
ビジネスセンス、コンサルティング力、幅広い知見・知識を持つ人で、相談者に対し「情熱」「スキル」「行動力」を持って的確な提案・支援ができ、本市に通勤し本事業に従事することが可能な人
①ビジネスセンス
・”知恵”や”ひらめき”のようなもの。一言で言えば、相談者のセールスポイント(強み)を見出し、それを売上に結びつける力のこと。
②コミュニケーション能力
・ここで言うコミュニケーション能力とは、信頼してもらう力、聞き出す力、行動を促す力のことです。ティーチングよりもコーチングを重視します。
③情  熱
・相談を自分ごととして考え、相手のために自分ができることは何かを考え抜く。そして、結果が出るまで全力投球する。その原動力となるのが情熱です。人生をかけて相談にやってくる相談者に対して、覚悟をもって真摯に向き合ってください。
④ICTリテラシー
・パソコン、インターネット等のICTを活用した業務が可能な人

壱岐市ホームページ

どうやら「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz センター長」として仕事をしてくれる人を募集しているようです。

いや〜、しかし想像はしていたけどだいぶレベルが高いっすなw

でも、確かに年収1200万円出すというのは気合いが感じられるけど、実際にこれを実現できる人材が果たして今の仕事を辞めて1年限定になるかもしれないこの仕事のためにわざわざ長崎県の離島まで引っ越してきてくれるのでしょうか?

 

つまりこれは、応募する人は限定的→学徒にも勝機があるってことではないですか!?

 

よっしゃってことで早速応募用紙を入手。

すると、結構ガチな設問があるではないですか!!(当たり前だろw)

センター長としての運営方針について

本市の地域経済を支える中小企業等を取り巻く状況は、島外資本の進出や経営者の高齢化、後継者不足などにより厳しい環境下にあります。このような中、地域で頑張る中小企業や起業を志す人のチャレンジを一緒になって支援するf-Bizモデルの産業支援センターを開設し、センターを核とした地域産業の活性化を目指していきたいと考えています。
そこで、センター長としてあなたが考えるセンター運営の在り方(理念、方針)や、やり方(目標、方法)などについて、f-bizモデルを再現することを念頭に置いて記載してください。
(※回答欄の行数は適宜増やしてください。400~800文字程度)

う〜ん、早速難関w

まずf-bizモデルってなんすかね(笑)

まぁいいや、次みてみよう。

事例対応課題①

壱岐市の特産品であり伝統産業でもある壱岐焼酎(麦焼酎)の製造会社A社は、昔ながらの焼酎や飲みやすさを追求した商品など多彩なバリエーションの焼酎を製造しています。また、酵母について独自に研究を行い、新たな商品づくりにも積極的に取り組んでいます。
 しかし、かつての焼酎ブームも過ぎ去って久しく、加えて、現在の焼酎市場は芋焼酎が主流となっており、売上げは伸び悩んでいる状況です。
 A社の売上げを伸ばすために、あなたはどのように対応し、どのような方法を提案しますか。
(※回答欄の行数は適宜増やしてください。400~800文字程度)

うん、ガチなやつですやん(笑)

販路を拡大するのと、芋との差別化をはかる感じかなぁ。

事例対応課題②

飲食店Bは、素材にこだわる腕の良い料理人である店主が、地元の新鮮な魚介類を調理して提供する店として近隣の地元住民には評判の店ですが、繁華街からは少し離れた分かりにくい場所にあることから、近隣の地元住民以外の入店がほとんどなく、利益が上がらない状況です。
観光客も多い土地柄なので、観光客も呼び込みたいが、どうすれば良いか分かりません。
Bの売上げアップのための支援として、あなたはどのような提案を行いますか。
(※回答欄の行数は適宜増やしてください。400~800文字程度)

これはもう広報が足りてないのが明確だからなんとか宣伝しなきゃですよね。

旅行雑誌に乗せてもらうとか、目玉商品を作ってSNSで拡散を狙う感じかなぁ。

 

もうちょっと真面目に時間をかけて書いてみることにします!

まぁ学徒には実績が無いので100%落ちるのでしょうが、面白そうなので挑戦してみましょう!!

特に募集に制限はないみたいなので、我こそはと思う方は応募してみてはいかがですか??

 

壱岐市ホームページ

スポンサーリンク