『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【クローズアップ現代】「恋人いらないってホント?出現!“いきなり結婚族”」の感想

こんにちは、道玄坂学徒です。

今回のNHKクローズアップ現代「恋人いらないってホント?出現!“いきなり結婚族”」は最近の若者の恋愛事情を表していてとても興味深かったのでちょっと感想を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

 

恋人のいない若者が増えている

「恋愛が面倒」。そうした若者が急増している。9月に発表された国の調査でも、独身男性の約7割、女性の約6割に交際相手がおらず、独身男女の4割に性経験がないことが明らかになった。一方、恋愛プロセスを飛ばして「いきなり結婚」を目指す若者もいるという。一体、何が起きているのか。番組では若者800人にアンケートを実施。先進国でも異例とされる“恋愛無用社会”の深層に迫る。

恋人いらないってホント?出現!“いきなり結婚族” - NHK クローズアップ現代+

現在の20代の独身者に限って言えば、男性は約70%、女性は約60%が恋人がいないとのこと。この10年で2割も増加しているそうでまさに若者の恋愛離れが進んでいる状況なんだそうです。

学徒も現在20代ですが、確かに友人達の状況を考えると独身者で恋人がいない割合は結構高いのでこのデータも結構信憑性があるんじゃないかなぁと思います。

「恋愛が面倒」が理由。本当かなぁ??

若者へのインタビューでは「恋愛が面倒」「結婚しない恋愛は無駄」だから恋人を作らないという意見が出ていました。

確かにコストパフォーマンスを重視する最近の若者にとって大きなエネルギーが必要な恋愛をめんどくさいとか無駄とかいう気持ちは分からなくはありません。

でも、ヒットしてるドラマや映画やアニメには必ず恋愛要素が入っているので、今の若者が恋愛に全く興味がないとはとても思えません。

実際に学徒の周りの20代の友人と話をすると、みんな恋愛に興味はあるし、建前じゃなくて本音として恋人が欲しいと言っているように思えます。

 

そうすると、「恋愛は面倒」という言葉の裏にある本当の心理は、やっぱり「本当は恋人が欲しいけど、実現可能性が低いための諦め」の言葉じゃないかなと思うのです。

これまでの経験から恋愛において傷つくことを過度に恐れているんじゃないかなぁと。

恋愛のノウハウを教えてくれる学校が必要

最近の若者は「恋愛にとても興味はあるけど、傷つくのが怖いしどうすればいいか分からないから、一歩を踏み出すことができない」状態にあるんだと学徒は思います。

そこで、現代の若者が大好きな恋愛のノウハウをマニュアル化して教えてくれる学校のようなものが必要だと考えます。

よく考えると、人間の一生の中で必ず経験する恋愛って誰も教えてくれないので、周りに適切なアドバイザーがいない場合、ずっと悩みを抱えたまま過ごしていくことになるわけです。

やり方が分からないものはどうしていいかわからないけど、やり方が分かれば物凄い勢いで習得していくのが現代の若者なので、ぜひこういう教育システムはあった方がいいと思います。

【追記】

恋愛の学校がないので試験的に恋愛コンサルをしてみることにしました(笑)

先着限定1名。9800円で彼女が出来るまでサポートしますw

スポンサーリンク