『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

ブログ運営に統計学を使った数学マーケティングは必要か?

こんにちは、道玄坂学徒です。

ここ2〜3日大学生に戻った時のように統計学の本をどっぷり読みふけっていました。

なんでそんなことをしてたかというと、学徒の尊敬するマーケティングの専門家の方が「数学マーケティングいいよ!」と著書の方が言っていたからです。学徒にもできそうかちらっと覗いてみようかなぁと。

で、ちょっと今後の学習について煮詰まってきたので日記でも書いて考えを整理してみることにします。マニアックなので興味のない方はスルーでお願いします(笑)

スポンサーリンク

 

1.数学マーケティングって何?

学徒の尊敬するマーケティングの専門家の森岡毅さんの提唱するマーケティング手法です。森岡さんは経営破綻に陥っていたユニバーサルスタジオジャパンの業績をV字回復させたことで有名な方です。

通常のマーケティングは消費者の目線に立ちましょうということを基本とする感覚的なものを扱う分野です。

一方、数学マーケティングはその対極に立つもので、売り上げなどのあらゆるデータから数学や統計のツールを使って隠れた成長分野を探ったりしていく手法です。

そして、森岡さんはこの数学マーケティングの重要性を強く主張しているんです。

なので、学徒もこの分野に興味を持ったわけです。

 2.統計学の本を読んでみた

というわけで、早速統計学の本をAmazonで購入して読んでみました。

統計学というと微分積分をバリバリ使う教科書が多いので、文系の学徒はそれだけでアレルギーを起こしてしまいそうです(笑)

なので、Amazonのレビューを慎重に読みながら、「統計学の基本」と「統計学が何に使えるのか」を意識しながら次の二つの本を読んでみました。

 ほぼ丸二日かけて読んだのでもうへとへとです(笑)

 でも、その効果もあり、どうやらマーケティングにおいて統計学がどのような役に立つのかの全体像が分かってきました!

3.ぜひとも重回帰分析を身に付けたい

調査の結果、ビジネスで利用する統計学としては重回帰分析という統計手法はぜひとも身に付けた方が良いということがわかりました。

例えば重回帰分析は、天気や季節など世の中の様々な要素を分析にかけて、売り上げ増加と関連がある要素を統計的に発見しようというアプローチです。

これにより、普通に考えたのではなかなか思いつかないような売り上げ増加策のヒントを探し出したりすることができるのです!

4.結局、ブログ運営に役に立つのか? 

重回帰分析に代表されるような統計手法をしっかりとマスターすれば、間違いなくブログ運営に役に立ちます。

ぱっと思いつくだけでも、「テーマ」とPVの相関とか、「文章量」と検索エンジンでの評価の相関とかを調べることができるからです。

しかし、そこにいたるまでの膨大な勉強に見合った収穫があるのかと言われると、短期的にはその勉強時間で普通の集客対策をした方が効果があるでしょう。

なので、よほど統計学をブログ運営に反映する自信がある人を除いては、「そんな考え方もあるんだなぁ」くらいに留めておいた方が無難だというのが学徒の考えです。

ふつうの感性を使ったマーケティングやブランディングも学ぶべきことは多いですから、実際統計学までなんて手が回らないですので。

 

というわけで、この2日間くらいあれこれと考えていた統計学についてすっぱりと諦めがつきました。所詮、文系人間の学徒には無理だったのです(笑)

また明日からふつうのマーケティングの勉強を頑張ります!

スポンサーリンク