『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

学徒の人生を圧倒的に変えた本たち

f:id:gakuto428:20170128110145j:plain

こんにちは、道玄坂学徒です。

皆さんは本を読んでいて電撃が走るような衝撃を覚えた経験ってありますか?

学徒はこれまでに何度もそんな経験をしています。その度に学徒の人生は劇的に変わってきました。人生を変えるような本って本当にあるんですよ!

そこで、今回は学徒の人生を圧倒的に変えてくれた本たちを紹介します。

きっとこの中のいくつかは、皆さんの人生も変える可能性を秘めていると信じています。

スポンサーリンク

 

1.金持ち父さんシリーズ 

学徒の人生を最も変えた本を1冊選べと言われたら、迷うことなく「金持ち父さん貧乏父さん」という本を選びます。

学徒がこの本を初めて読んだのは、一足早く高校の推薦入試に合格して、周りの受験の邪魔にならないように暇つぶしに読書をしていた中学3年生の終わり頃でした。

この本を読んで、学徒は人生で初めて「不労所得」とか「サラリーマン以外の生き方」があるというのを知りました。

それ以来、夢中になって金持ち父さんシリーズの本を買い集め、高校時代に何度も何度も読み返して学徒の進路に絶大な影響を及ぼしました。

有名な本なので、一部で批判されたり、単なるお金を稼ぐノウハウ本だと思われることも多い本です。

ですが、学徒はこの本を自分には不可能だと思えることにどう向き合って現実化していくのか」を教えてくれる哲学書だと思っています。

結構昔の本ですが、今でも学徒の思想の根底にガッチリと根付いている素晴らしい名著です。

シリーズはたくさんあってどれも面白いですが、一作目の「金持ち父さん貧乏父さん」と二作目の「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」まで読めば主張の9割くらいはカバーできます。この2冊は絶対にオススメの本です。

2.ちきりん本シリーズ

最近、学徒の人生に最も影響を与えた人の一人が有名ブロガーの「ちきりん氏」とその著書です。

高校生くらいの時から学徒は「優秀な人間」になることを目標として一生懸命努力をしてきたつもりでした。しかし、大学時代を経て、就職し、ある程度社会の中での自分の限界みたいなものが分かってきて、これからどの方向に進んでいくべきか決めあぐねていたのです。

そんな時に、他者との比較をもとにした「優秀」という基準ではなく、自分の中にある基準で「何が大切か」を決めるちきりん氏の考え方に出会って衝撃を受けました。

学徒が公務員を辞めるという決断をするに当たって随分影響を受けた本でもあります。

正直なところ、ちきりん本シリーズは全てオススメですが、3つだけ選んで紹介します。

ゆるく考えよう

まずは「ゆるく考えよう」です。周りの常識や価値観に左右されずに「ゆるく考える」という点が学徒には衝撃的でした。これまで頑張ってきて、どこか行き詰まりを感じている人には是非オススメです。

 未来の働き方を考えよう

2つ目は「未来の働き方を考えよう」です。

この本では世界がものすごいスピードで変化している中での未来の働き方について考えてみようというテーマの本です。

特に「10年後に死ぬとしても、今の生き方を続けるか?」という問いかけに心が揺さぶられました。

 自分の時間を取り戻そう

3つ目は「自分の時間を取り戻そう」です。

長時間労働がはびこっている日本のサラリーマン全員に読ませたい本ですね。

「生産性」をテーマに、なぜ日本人は長時間労働になってしまうのか、「生産性」の高い時間の使い方をするにはどうすればいいかについて書かれています。

時間という観点から「生産性」について書かれた本を読むのは初めてだったので、「自分にたり足りなかったのはこれか!」と衝撃を受けました。高校1年生の時にこの本に出会っていたら、学徒はもっとデキる大人になっていたので悔しいですね(笑)

3.ホリエモン本シリーズ

堀江さん(ホリエモン)の本にも学徒の人生は大きく影響を受けました。

学徒は堀江さんが逮捕されるずっと前からファンで、当時高校生だった学徒は堀江さんの本をむさぼるように読んでいました。

最近になって堀江さんの本をまた読むようになりましたが、やっぱり堀江さんは本当に凄いなぁと思います。

堀江さんのことをあまり知らない人は、逮捕された当時のメディアの印象で未だに金の亡者のようなイメージを持っている人も多いですが、全く違います。合理性を徹底して追求している人なので、日本の古い価値感からは批判されることが多いですが、ちゃんと志を持って生きている素晴らしい人です。

堀江さんの本はどれも安定して面白いので全部おすすめでが、エッセンスだけを短くまとめた「堀江貴文 人生を変える言葉」が特にオススメです。学徒は枕元に置いていて、自分が迷ったり弱気になったときに読んでは勇気をもらっています。

4.森岡毅さんの本

森岡毅さんは、経営不振に陥っていたユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の業績をV字回復させたマーケティングのプロフェッショナルです。

「戦略的思考」に基づいた森岡さんの本を読んで、これからの時代を生き抜いていくために絶対に必要なのはマーケティングのスキルだと確信しました。

独立・起業を目指している人だけでなく、サラリーマンとして働く人も業績を上げるために絶対に読んでおいた方が良い本です。

学徒はこれまでマーケティング関連の本をたくさん読んできましたが、未だに森岡さんの本を超える本はありません。その辺のマーケティングの本を10冊読むより、森岡さんの本を1冊読むほどがよほど勉強になります。それほどオススメの本です。

「USJを劇的変えた~」をまずは読むべきですが、「確率思考の戦略論」こそ森岡さんの真髄が詰まっています。

5.鬼速PDCA

PDCAサイクルという言葉は誰でも聞いたことがあるでしょう。

この本はそのPDCAサイクルを徹底的に掘り下げて鬼速でサイクルを回すことで圧倒的な速さで成長するための手法が書かれた本です。

PDCAの凄いところは「成長を促進するツールである」という点です。

つまり、PDCAサイクルさえマスターしてしまえば、あらゆる分野における成長するスピードが加速して爆発的に成長することができるのです!

その辺の自己啓発本とは全く違う実用的な手法が数多く書かれているので絶対に読むべき一冊です!!

6.好奇心を“天職"に変える空想教室

小さな町工場が独自で宇宙ロケットを開発して世界を驚嘆させた植松 努さんの著書です。

どんなに周りの人に馬鹿にされても、自分の夢を追いかけ続けることは大切なんだと知らしめてくれる一冊です。

若い頃は夢や希望を持っていたのに、就職してしばらくたつとすっかり現実主義・安定志向になってしまってしまう人は多いです。時には挑戦する人を馬鹿にしようとする人もいます。そんな社会の中で、みんな恥を書きたくないからどんどん消極的になっていくのが今の日本の現状です。

そんな夢や希望を失ってしまった人に読んで欲しい1冊です。

帯に書かれている「忘れかけていた夢がとめどなくあふれてくる」というのは本当で、

学徒もこの本にはずいぶん勇気を貰いました。

7.最新テクノロジー本

最新テクノロジーを勉強することは超重要です。

なぜなら、テクノロジーの発展によって社会が変わっていくからです。

これからの30年を見通すうえで重要ないくつかの最新テクノロジーの勉強になる本をご紹介します。

①人工知能

もはや説明の必要のないほど有名な人工知能。

でも、意外とその歴史や可能性の限界について知っている人は少ないです。

今は第三次人工知能ブームと言われていますが、過去の人工知能の歴史と今後の展望を押さえておくことではじめて人工知能の理解が深まります。

②ブロックチェーン

インターネット並みの衝撃を社会に与えると言われているのがブロックチェーン技術です。

もともとはビットコインという仮装通貨の中核技術として有名ですが、ブロックチェーン技術はそんなものじゃないくらい大きな可能性を秘めています。

この技術はこれまでの国や会社と言ったいわば「中央集権システム」を廃して、「分散型の社会」を実現するかもしれないと言われています。

つまり、今当たり前だと思ってる社会の根底が変わってしまう可能性があるということです。

ブロックチェーンが徐々に社会に浸透していくのは間違いないのです。ちょっと難しいですが、今のうちから勉強した方がいい技術です。

③量子コンピュータ

従来のコンピュータより1億倍速いと言われている量子コンピュータ。

実現まで30年かかると言われていましたが、いつの間にか完成して商用化されていました!

スーパーコンピュータでも数億年かかる計算を、量子コンピュータなら数日から数週間で解けてしまいます。

「人工知能×量子コンピュータ」のコラボで世の中は劇的に変わる可能性があります!

④ゲノム編集

遺伝子を書き換えてしまう禁断の技術、「ゲノム編集」も実現してるって知ってましたか?

この技術の完成で、ついに人間が「神の領域」に足を踏み入れたと言われています。

ゲノム編集技術によって遺伝子を書き換えることで、頭の良い人間を生み出したり、寿命の長い人間を作り出せる未来が現実のものになってきています。

他にも肉量の多い牛を生み出したり、重大な感染症を運ぶ蚊を改良して病気の人を減らしたりとまさに夢の技術。

ゲノム編集はこれからの時代を生きるなら絶対に押さえておくべきテクノロジーです。

おわりに

今回ご紹介したのは、学徒のオススメの本の中でもさらに厳選した「人生を変えた本たち」です。

本を読んでどんな印象を受けるかは人それぞれだし、時期によっても違います。しかし、これらの本は間違いなくみなさんの価値観に大きな影響を与えてくれるはずです。

皆さんも本を読んで体に電撃が走るような体験をしてみませんか?

スポンサーリンク