『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

日本人の幸福度はなぜ低い?目の前の幸せに気付こうよ!

こんにちは、道玄坂学徒です。

日本は先進国の中でも特に豊かな国の1つですよね。

でも、世界幸福度報告書2016によると日本人の幸福度ランキングは世界53位と経済的な力から考えるとかなり低い状況にあります。

日本はとても豊かな国なのに、なぜこれほど日本人の幸福度は低いのでしょうか?

スポンサーリンク

 

日本人の幸福度はなぜ低いのか?

世界幸福度報告書によると、各国間の幸福度の違いの多くは次の6つの要素によって説明できるそうです。

①一人当たりのGDP
②健康寿命
③社会的支援
④信用性
⑤人生における選択の自由
⑥寛容性

実際、幸福度ランキングの最下位グループはほとんどアフリカや中東の国なので、確かにこれらの要素は重要だなぁと思います。

でも、逆に言うと日本はこれらの要素については世界トップレベルなのでランキングはもっと高くても良さそうなものです。そうすると、これらの要素では説明できないことによって日本の幸福度が下がっているのではないでしょうか?

 

これは学徒の個人的な意見ですが、日本人の幸福度を押し下げているのは「過度に他者の評価を気にする文化」にあると思います。

日本は格差社会だから幸福度が低いという意見もあるようですが、学徒はそうだとは思いません。テレビ等では日本は格差社会だと言っていますが、むしろ世界的に見ても今の日本は歴史上最も格差の少ない部類に入ると思います。

だって、ワーキングプアとか呼ばれてる人たちが平気で一台何万円もするスマホを持ってるんですよ?こんな国他にないですよ。

つまり、日本は「格差社会」なんじゃなくて、「格差気にしすぎ社会」なんだと学徒は思います。そりゃあ年収1000万円以上貰ってるような人たちは僕ら庶民から見たら裕福に見えますが、別に年収200~300万円だってスマホもテレビもパソコンも買えるし、3食お腹いっぱい食べられるし、趣味だって楽しめるじゃないですか。

凄い人たちと比べるから自分がちっぽけに見えるだけで、実際目の前の自分達の生活がそんなに不幸かと言ったら全然そんなことないと思うんですよねぇ。

自分がいかに幸せか気付こう!

学徒の目から見れば、多くの日本人は超幸せなのに「自分がいかに幸せか」全然気付いてないないなぁって思うんです。

今の時代に生まれた幸せ

今の時代に生まれたってだけで超幸せですよ!

戦時中に生まれていたら徴兵されて無理やり戦争に参加させられていたかもしれません。

江戸時代に生まれていたらそれぞれの藩から一生出れなかったかもしれないし、農民の子に生まれたら農民にしかなれなかったんです。身分制度があって、移動の自由や職業選択の自由がない時代とか絶対嫌ですよ僕は。

だってどんなにアホな奴でも武士の身分ってだけで、その他の人たちは「ははぁ~」って感じでひれ伏さないといけないんですよ?絶対無理ですね。

日本に生まれることの幸せ

日本に住んでると全然実感しないけど、先進国と言われている20カ国とか以外はいまだに厳しい生活をしてるとこ多いですよー。

何ならG20のような先進国の中でもまだまだ厳しい国はたくさんあります。中国の農村部の貧しさとか、インドのカースト制度の下の人たちとか僕らとは全然違う生活をしてるわけです。

他にも何十年もずっと紛争をしてる国とか、無政府状態で未だに部族とかがやりたい放題やってるソマリアみたいな国とか。

70億人も人間がいる中で日本に生まれる確率は1~2%くらいです。

こんなに平和で豊かな国に生まれただけで既に圧倒的に勝ち組だし、超幸せなんですよ実は。

普通の家庭に生まれる幸せ

たとえそこそこ貧乏な家庭で生まれたって、普通の家庭に生まれただけで本当は幸せなことなんですよー。

学徒は病院で働いていたことがあるのでいろんな家庭の形を目にしてきました。その時に自分達がどれだけ恵まれていたのか痛感しました。

世の中には親が反社会勢力の一員だから自分もそうなってしまった子供や、虐待された子供、捨てられたり半分売られたりしてるような子供が本当にいるんです。

学徒も貧乏家庭の出身ですが、そんなの全然問題にならないくらい自分は幸せだったんだなぁと思います。

あなたが上記の子供達に匹敵するくらいの何かでもない限り、幸せな家庭で生まれて育った幸運に感謝した方がいいですよー。

普通でいいんです。目の前の幸せを噛みしめよう

インターネットが発達してきた影響で日本のどこにいても即座に全国に繋がることができるようになりました。それ自体は便利になって良かった良かったって話です。

でも、これまでは分野を選べば学校で一番とか、地域で一番とかになるのは誰でも結構簡単だったのが、インターネットの普及で「井の中の蛙が簡単に大海を知れる世の中」になってしまいました。

その結果として、自分より上には上がいることが分かっちゃって、どこまで行っても満足できない社会になってきています。

前述したように日本人は「過度に他者の評価を気にする」国民性なので、ランキング大好きだし、自分が一生懸命頑張ってる分野でランキングに入れないと幸福感を感じられないところがあるんですよね。

 

学徒はそういう風潮は多くの人が幸せになれないのであらためるべきだと思います。

普通でいいんですよ、普通で。

他の人の評価なんて気にしないで、もっと目の前の自分の幸せに目を向けるべきです。

考えれば分かりますが、ランキング上位しか幸福を感じられない風潮は、一部の勝ち組と大勢の負け組みを生み出します。

なので、マイルドに井の中の蛙になって、多くの人が「俺が最強!」って感違いしてるくらいがみんなが幸せになれると思うんですよねぇ。

経済的には十分豊かな日本人の幸福度を上げるには、この辺の意識改革が最も効果的だと学徒は考えます。

みなさんはどう思いますか??

スポンサーリンク