『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

えっ、知らないの?注目の最新テクノロジー(ブロックチェーン・量子コンピュータ・ゲノム編集)

こんにちは、道玄坂学徒です。

ここ2~3年で本当にびっくりするくらい世の中の科学技術が発展してきていますね。

というわけで、今回は次の30年で世界を変えてしまいそうなテクノロジーのトピックをご紹介します!

あなたはいくつ知ってますか??

スポンサーリンク

 

1.人工知能

やっぱり一番衝撃的なのは人工知能ですよね。

これだけ毎日騒がれているので嫌でも目につきます。

でも、いろんな本を読んでみると世界はあっという間に人工知能に置き換わる的な論調もあれば、意外と時間がかかるだろうという慎重論までいろんな意見があります。

ニュースだけを眺めていても表面を撫でるような情報しか得られないので、時間のある時に1冊じっくりと人工知能の本を読んでみると理解が深まりますよー!

2.ブロックチェーン

ビットコインの核になる技術と言われているブロックチェーン。

しかし、その技術は仮想通貨だけではなくていろんな分野に応用が可能だと言われています。

ブロックチェーン技術はインターネットと同じくらい社会に衝撃を与えると言われているので、今のうちから勉強してこれからの社会の流れを掴んでおいた方がいいですね。

3.量子コンピュータ

これまでのコンピュータとは全く異なった仕組みのコンピュータが量子コンピュータです。この量子コンピュータは何と言っても高速計算が凄い!

計算する内容によってはスーパーコンピュータでも1000億年かかる計算を、わずか数日でやってのけるような能力があるとのこと。すご過ぎる!!

そういうわけで、将来的にはスーパーコンピュータに置き換わるのではないかと言われています。

ちょっと引用。

従来のコンピュータで論理回路を構成するのは、トランジスタであり、「0」か「1」のどちらかの状態だけを取る。
これを古典ビットと呼ぶ。
それに対し、「0」と「1」の状態を同時に取る「重ね合わせ」が量子ビットだ。
生身の人間も、まず、右左どちらに行こうか迷います。これを量子コンピュータでは、「0」と「1」を重ねるのだ。
そして人間は、なんらかの「ゆらぎ」で、右に行ったり、左に行ったりを決断している。
量子コンピュータでは、量子ビットに「横磁場」をかけ、あたかも人間が「ゆらぐ」ように「0」か「1」を決めていくのだ。
従来のコンピュータは、初めに、「0」か「1」ありきで計算が進んでいった。

文系の学徒には分かったような分からないような難しい内容です(笑)

人工知能×量子コンピュータなんて組み合わせもあるようで、ミーハーな学徒としては胸が高鳴る響きですw

4.ゲノム編集

遺伝子をいじくる禁断の技術、ゲノム編集。

なんかもうSFの世界の話かと思ってたことが実現してるんです。

遺伝子治療とか漫画の世界の話だと思ってたんですが、もう目前なんですねぇ。

人工知能ばかりが取り上げられてる感のある日本ですが、これからの時代はバイオテクノロジーの教養も押さえておいたほうが良いのは間違いありません!

5.おわりに

いや~、マジで凄い時代になってきましたね!

何が凄いって、これらの多くが次の30年で世の中に浸透していくということです。

この辺の知識を学んで将来についての展望を持っておくと、ブラック企業で死ぬほど残業するのがいかに馬鹿らしいか分かります。

今、30歳前後の方。

こんな技術がバンバン普及していく中、定年を迎える30年後に本当に今の会社は存在してるんでしょうか?

最新テクノロジーを学ぶと人生観も変わってきますよー!

 

スポンサーリンク