『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

高い年収に騙されてはいけない

こんにちは、学徒です。



年収が高い企業に憧れてしまうけど、年収だけを見ることがどれだけ無意味か考えてみたいと思います。

 

月に20営業日働くと20×8=160時間
月に80時間残業すると1.5倍働くことになります。

 

残業代は大手の企業なら時給の1.25倍くらいになります。

 

(3/2)×(5/4)=1.875倍

 

つまり、1.5倍の時間働けば年収は約2倍になるのは当たり前のことで、別にその人が優秀だからではないわけです。

 

具体的に数字を当てはめて考えてみましょう。

 

400万円×1.875倍=750万円なので、

 

30歳年収400万円で全く残業しない人と、月に80時間残業して750万円もらう人は全く同じ価値なのです。

 

でも、一般的には30歳年収750万円って高所得だと感じますよね?

 

それこそが年収のマジックなわけです!

 

本当は同じ価値なのに、年収が良い方が優秀で凄いと思ってしまうんですね。

 

実際に80時間残業しても年収750万円の方が良いと言う人は世の中にたくさんいると思います。

 

でも、それはあくまで選好の問題に過ぎないのです。

 

結局、突き詰めればどれだけ時給を高められるかが重要であって、年収って優秀さなんかの指標とは必ずしも言い切れないわけですね。



ちなみに、2倍働いたらどうでしょうか?

 

大手の企業なら残業が60時間を越えると越えた分はさらに1.25倍になるところも多いと思います。つまり、80時間働いたら、80-60=20時間分は通常の1.25倍からさらに1.25倍になるので1.5625倍になるということです。

 

これを考慮して160時間残業した場合を考えてみます。160-60=100時間分はさらに1.25倍になる前提です。

 

2×(5/4)+(160-60)/160×(5/4)
=2.5+0.78125
=3.28125

 

年収400万円を基準にすると、

 

400万円×3.28125=1312.5万円

 

実に年収約1300万円に匹敵します!

 

年収400万円と年収1300万円では受ける印象は全く違いますが、実は経済学的には全く同じ価値なんです!

 

ちなみに160時間残業というのがどういう世界なのかを考えてみましょう。

 

9時から18時までが定時の企業を想定します。
18-24で6時間残業。これを22営業日繰り返すと132時間。残り28時間を土曜日に出勤すると、月に4回の土曜日は7時間働けばいいわけです。

 

日曜日以外はほとんど仕事をしてる感じですね(笑)

 

一般的に高収入と言われている商社や金融の人達はこういう生活をしているから高収入なわけで、必ずしも彼らが優秀だからだとは言い切れないと言うことが分かります。

 

価値が同じならどちらを選ぶかは選好の問題です。

 

みなさんはどちらを選びますか??
 
スポンサーリンク