『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【映画】陽だまりの彼女【感想】

こんにちは、学徒です。

 

今日は、先日金曜ロードショーでやっていた「陽だまりの彼女」という映画を見ました!

 

上映してる当時から少し気になっていた映画だったので金曜ロードショーで放送されたのは嬉しかった?

 

この映画は嵐の松本潤さんと上野樹里さんが出ている恋愛ものの映画です。

 

終止ほのぼのとした世界観の映画で、その世界観に松本潤さんと上野樹里さんが見事にマッチしていて素敵な映画でした!!

 

あんなに可愛い感じの男の子を演じられる松本潤さんさすが!!と男の学徒から見ても凄いと思いました。松本潤さんと言えば花より男子の道明寺の俺様イメージが学徒の中では強かったですが、それをひっくり返す名演技でした。

 

対して上野樹里さんものだめカンタービレのイメージが強かったのですが、今作では仕事のできるOLの演技をしっかりしてて凄いと思いました。

 

そして、上野樹里さんめっちゃ可愛かった!
お布団にくるまりながらのんびり鑑賞していた学徒ですが、ずっと上野樹里さんに見とれてました(笑)

 

やっぱり恋愛ものの映画は女優さんに見とれられるかで作品への没入感が違いますね!!

 

ほのぼのポカポカした雰囲気のこの映画ですが、終盤にかけて驚きの展開になっていきます。ちょこちょことシーンごとにヒントになりそうなことはあるのですが、とある事件をきっかけに誰しも彼女の本当の正体に気づいてしまいます。

 

うわー、マジか!
うそーー、うわーー!!

 

とか思いながら見て、最後には学徒も感動してうるうるきてしまいました(笑)

 

もう上野樹里さんなら、正体が何であっても俺は構わない!!と若干妄想も入りながら鑑賞。

 

悲しい物語で終わってしまうのかと思いましたが、最後はハッピーな感じをにおわせて終了だったので見ていて心がホクホクしましたw

 

もし、まだ見てない人は上野樹里さんの可愛い姿を見るだけでも価値があるので、DVD借りてみて下さいね!



それにしても最近恋愛映画ばっかり見てるなぁ。
学徒の欲求不満な心理を反映しているのだろうか(笑)
 
スポンサーリンク