『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

英語を勉強する意味はあるのか?~英語を勉強する目的~

こんにちは、学徒です。

 

今回は最近、漠然と考えていることを書いてみようと思います。

 

それは、「英語を勉強する意味はあるのか?」です。

 

もちろん英語が出来ないよりは出来た方が当然良いわけですが、英語を勉強するためには膨大な時間や多少のお金がかかります。これだけ手間隙かけて苦労してまで英語を習得することに本当に価値はあるのでしょうか?



仕事や生活で絶対に英語が必要な人にとってはこんな悩みはまったく意味をなさないものだと思います。でも、学徒のように別に英語が出来なくても仕事や生活に支障がない人にとっては英語を勉強し続けるためのモチベーションに大きく影響してくる大事な問題なのです!

 

だって、せっかく英語が使えるようになってもそれを生かす場がなければ無意味に感じませんか?そして、無意味に感じた瞬間に毎日貴重な時間を費やしてまで英語の勉強をすることが凄く億劫になってきます。

 

やっぱりどんなことに取り組むにも目的って大事ですよね?



というわけで、学徒なりに自分が英語を勉強する理由を考えてみました。



【英語を勉強する理由①】
英語で書かれている情報を収集して、より広い情報源から情報を仕入れたい!

 

今はインターネットで世界中から情報を得られる時代なので、英語が出来れば自分の世界が格段に広がることは間違いないと思います。特に学徒は投資をやっているので将来的にはウォールストリートジャーナルを読んで、米国株にも挑戦したいと思っています。

 

【英語を勉強する理由②】
仕事で英語を生かしたい!

 

学徒のやっている仕事は別に英語が出来なくてもまったく問題はありません。でも、逆にそういう会社で回りに英語が出来る人がほとんどいないからこそ、その中で英語が出来れば職場ではヒーローのような存在になれます。

 

実際、英語がなくても出来る仕事とはいえ英語を使う機会がまったくないわけではなく、単に英語が出来ない人にはそういう仕事が回ってこないだけなので、英語が使えるようになれば職場の中で立場が強くなるのは間違いありません!

 

【英語を勉強する理由③】
やっぱり英語が出来たらカッコいいから(笑)

 

全然実益ではく、ただの憧れですが、案外こういうモチベーションって大事だと思いますw

 

実際に自分が英語を使えるようになりたいいろんな理由を考えても、案外それは後付けの理由で、自分の心の奥底にある沸き上がってくるようなモチベーションの源泉は英語に対する憧れのようなものです。

 

というか、日本人は中学から大学までみっちり英語の勉強をするのに全然使えないなんて悔しいじゃないですか!学徒は英語が使えないまま死んだらなんか負けた気がするので絶対に嫌です(笑)



以上、自分なりに英語を勉強する3つの理由を考えて見ました。

 

語学は継続が肝心なので、自分のなかで英語を勉強する目的をはっきりさせるのは案外重要なことだと思います。

 

みなさんもなぜ英語を勉強するのか考えて見てくださいね!
 
スポンサーリンク