『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【証券アナリスト】最後の追い込み【独学】

ついに日曜日が試験ということで試験も最後の追い込みへ。

 

今回は証券分析と経済学を受験するわけだけど、どちらの科目もさらっと全体を通して回答を見れば意味が分かるくらいの完成度なので、今日と明日の追い込みで決まる。

 

経済学はマクロをしっかりとって、ミクロでそこそことって、残りの国際経済と経済政策をなんとなく取れば受かる可能性があるので後回し。最悪、経済学は試験の順番で言うと最後なので当日詰め込むのも1つの手ではあるし。

 

というわけで、今日、明日は証券分析に本気を出す!

 

証券分析は180点満点。
だいたい6割取れば合格と言われている。
で、とりあえず半分の90点を取れば、あとは4~5択なので適当に選んでも2割くらいは取れるとすると残りの90点×20%で18点。
90+18=108点で6割クリア!

 

90点なら第2問のファンダメンタル分析(30点)と第3問の株式分析(30点)、第6問のポートフォリオ理論(40点)をしっかり対策すればある程度取れそう。取りこぼした分を第4問の債券、第5問のデリバティブで補う感じで!
なんかそう考えると行けそうな気がしてきた!!
とにかく取れるところを一問でも増やして試験に望みます!!



今回、証券アナリストの1次試験を受ける方は最後の追い込み頑張りましょう!!
 
スポンサーリンク