『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【加齢】年を取ると寝れなくなると言うけれど【二度寝出来ない】

こんにちは、学徒です。



学徒は昔から朝早く起きるのがすごく苦手で、社会人となった今でも限界まで寝ていて、家を出なければいけない時間の20分前くらいにガッっと起きてダダダダダーっと準備して出掛けるという生活をしていますw



しかし、20代後半になって最近今までに無かった不思議な現象が起きているのです。



それは、朝6時くらいに目覚ましもかけてないのにふっと目が覚めるんです。



10代とか20代前半では目覚ましが鳴るまで一切目が覚めることなんて無かった学徒が、今では朝目が覚めてしまうんです!



しかも、時間ギリギリまでお布団の中でゴロゴロしているスタイルは変わりませんが、二度寝しようとしてもなかなか寝付けなくて、結局1時間くらいゴロゴロして目覚ましがなって起きるということが最近結構多いんですよ!!




こ、これはもうしかして・・・・・



年を取ると寝れなくなる


ってやつじゃないですか!?


い、いや十分な睡眠を取ったからたまたま目が覚めたんだよな!


いっぱい寝たから二度寝出来なかったんだよ。。きっとそうだよ、きっと・・・・。


・・・。


いや、認めよう。


これは確実に加齢の影響ですね。


前にも似たようなことがあって、それを会社の年配の人に話したら


「こちらの世界にいらっしゃい(ニコッ)」


ってされて全力で否定したんですが、学徒もやっぱり加齢には勝てません。


しょうがないですね、もうアラサーですから。


悲しいですね、もう「三十路」という目を背けたい事実が目前に迫っているのです。


渋谷に住んでいて毎日若者に囲まれて過ごしていると自分もまだまだ若いと思ってしまいがちですが、どこに住んでいようとみんな平等に年は取るのです。


だが、しかし!


肉体的には年を取ってきてはいるけど、精神的にはまだまだ若くありたい!


いろんなことに挑戦して、新しいことを吸収したい!!


心は永遠の16歳的な痛い発言をするつもりはないですが、渋谷という街は若いエネルギーに溢れていて、そこにいるだけでパワーをもらえるところなので、渋谷に住んでいるものとして、渋谷の一員としてもうしばらく老いにはあらがっていきたいと思います。


というアラサーの儚い願望でした(笑)

スポンサーリンク