『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

Windowsの付箋(ふせん)機能が便利過ぎる件!

こんにちは学徒です。


既に使っている人にとってはすっごい今更な話なんですが、Windows7についている付箋(ふせん)機能が便利すぎてびっくりしています!!


ちなみにWindows7の付箋(ふせん)機能は、ポストイットのような付箋(ふせん)をパソコンの画面上で実現したもので、デスクトップ画面にペタペタと張っては業務などのメモを書いていくことが出来ます!


なんで今更こんな話をするかというと、学徒は今日までWindows7に付箋(ふせん)機能があるなんて知らなかったからなんですよ!


今までずっとこんな機能あったらいいなぁと漠然と思っていただけの機能だったんですが、今日たまたま違う部署の後輩がこの機能を使っていて思わず反応してどうやって使うのか興奮した口調で即座に聞いてしまいました(笑)


学徒は記憶力が弱いのでやらないといけないことって全部メモする習性があるんです。


で、早めに片付けないといけない業務についてはポストイットなどの付箋(ふせん)にメモして机の上にペタペタ張ってたんですが、こいつらの粘着力が弱すぎていっつもポロポロと取れてきちゃって仕事がやりにくいったらないわけですよ。


かと言って新しい付箋(ふせん)に同じ内容を書き写すのもめんどくさいし、ボロい付箋(ふせん)をそのまま張り続けて何かの拍子に取れてどこかに行ってしまうと、記憶力の極端に弱い学徒はその業務をやらなければならいことを忘れてしまいます。


付箋(ふせん)がない=やることリストに載っていない業務、になるわけです。学徒の頭の中では。


なので、邪魔じゃなくて、消えてしまわない電子的な付箋(ふせん)ってずーーっと探していたんです。


そして今日、Windows7の付箋(ふせん)機能と運命的な出会いを果たしたのでした(笑)


これからはこの電子付箋(ふせん)を活用して仕事をテキパキと進めていきたいと思います!!


みなさんも良かったら使ってみてくださいね!!


【Windows7の付箋(ふせん)機能の使い方】

「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「付箋」です!

スポンサーリンク