『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【社畜日記】年功序列は本当にダメ!さっさと成果主義&同一労働同一賃金にせよ!!

こんにちは、学徒です。


学徒の会社は昔ながらの日本企業なので旧態依然とした年功序列が残っていて本当に糞だなぁと思います。


明らかに若手社員の方が1.5倍くらいの仕事をこなしているのに、のんびりまったり仕事をしている50代のおじさんおばさんが1.5倍~2倍くらいの給料を貰っているという事実!!


しかも、おじさんおばさんは効率をあげるためにカスタマイズしているエクセルの関数がちょっとでもズレると壊れたと騒ぎ出すは、印刷機が詰まったら1人では直せないは本当に使えない。


挙句の果てにおじさんおばさんのミスは若手で尻拭いするとい糞っぷり。


彼らのクビを切って俺にアルバイトさんを専属で3人くらい雇ってくれたら確実に彼らよりもパフォーマンスを上げる自信があります!!


とまぁ、毒を吐いてしまいましたが、最近心の底から思うのが


年功序列の制度って本当にダメ


ってことです。


高い賃金で生産性の低い社員を雇っているから日本全体の効率性が上がらないのです。


やはり、年齢に関わらず成果主義をしっかり取り入れた賃金体制にするべきだと学徒は考えます。



労働組合の主張する、「成果主義というのは労働者全体から見ると損だ」という考えも分かるのですが、学徒が言いたいのはそういう対使用者の側の話ではなくて、


同一労働、同一賃金を徹底してくれ!!


ってことなんです。



同一労働、同一賃金は通常同じ仕事をしていても正社員と非正規社員との間で給与が違うことに異議を唱える文脈で使われることが多いですが、学徒は若手とベテラン労働者の間にもこの考えを徹底して欲しいと考えます。


そもそも、おじさんおばさんの中にもすごく優秀で仕事ができる人については若手よりも高い給料を貰っていて全然構わないです。

仕事ができないおじさんおばさん達はその適正水準まで給料を下げてくれないとフェアじゃないと言ってるわけです。


また、すごく仕事ができる若手についても同様に仕事ができるおじさんおばさんたちと同じ水準の給料をあげるべきです。

頑張って成果を出せばダイレクトに給料に跳ね返ってくる体制ならば「もっと成長しよう!こういうことに取り組んでみよう!」という若いエネルギーを社会全体で活性化させることができるはずです。


年齢や身分(正規・非正規)で差別を行うのは合理的ではありません。



これからの10年でもっとフェアな給与体系が確立されることを望みます。

 

スポンサーリンク