『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【社畜日記】使えない上司が定時間際に仕事を振るから残業になるんだが

こんにちは、学徒です。


使えない上司が定時間際に仕事を振るので残業になってしまうことってありますよね?


彼らには「段取り」を考えるという発想がないのでしょうか?


午前中の時点で言ってくれていれば余裕で定時には終わらせていたのに、18時定時なら17時30分とかに依頼してくるものだからどうしたって1~2時間は残業になってしまいます。


しかも、人に仕事を頼んで残業させておいて自分は先に帰るとかなめてるのかと!


本当に無能な上司を持つと下の人間が苦労します。


どう考えても他に適任な優秀な若手の先輩とかにやらせた方がうまく組織がまわるのに、むかしながらの年功序列型の日本企業なので、ただ勤続年数が長いというだけの全然使えない人が上司になってしまって効率よく仕事を回すことができません。


それでいて年齢だけは立派なので学徒の2倍近い給料をもらっているという矛盾。


こんなことをしてるから日本の生産性はいつまでたっても上がらないのです。



先日、上司に今年の自己啓発目標として「効率的な仕事術」的な研修に行くように勧められましたが、「本当に行く必要があるのは俺ではなくてあなたですよ」心の中で50回くらい叫びながら、ニコニコして面談を終えてきました(笑)


まぁ上司はもう還暦が近いので若い世代と比べて体の動きや頭の回転がのんびりになってきてしまうのは仕方がないですが、その尻拭いを若手でやらなければならないのは理不尽です。


おじさんたちは偉そうにしてる反面、仕事のうえでも社会保障制度の面でも支えているのは若手~中堅といういびつな日本社会にそろそろ疲れてきそうです。


まぁ、愚痴を言っても状況が改善するわけではありませんのでこれくらいにして今日も1日乗り切りましょう。

スポンサーリンク