30代から始めるプログラマー生活

地方上級公務員を辞めて30歳からITエンジニアになりました。

アラフォー以上「最近のゆとり世代の若者はコスパばかり追求してけしからん!」

こんにちは、アラサー世代の学徒です。


今回は、最近のゆとり世代の若者はコスパ主義が多くて、どうやらそれがアラフォー以上の世代には理解できないらしいという話です。


学徒は職場で働いているときやネットの掲示板なんかで何かに対する意見を聞いているときに、おおむねアラフォー世代以上のコメントになんかもやもやとした違和感を持つことがありました。

その違和感の原因が何なのかずっとよく分からなかったのですが、最近その違和感の原因のひとつの核心に迫る事実を発見しました!


それは、アラフォー以上の世代は

「最近のゆとり世代の若者はコスパばかり追求してけしからん!」


と思っているふしがあるということです。


確かにぼくらのようないわゆる「ゆとり世代」は何かにつけコスパを考えることが多いのは事実です。


「結婚はコスパが悪い」
「恋愛はコスパが悪い」
「出世はコスパが悪い」



ここまでいくとちょっと極端かも知れませんが、おそらくこの考えを発しているであろうU-30くらいの世代の思想や文化というのは同じ世代である学徒にとってはわりと違和感なく受け入れることができます。

もちろん「そういう人もいるよね」という程度ですが。



しかし、どうやらアラフォー以上の世代にとってはU-30くらいの世代の思想や文化が彼らのそれと全く異質過ぎてどうも受け入れられないようです。


彼らにとっては就職して1人前になったら結婚するのが当然だったし、会社に入った以上は当たり前に出世を目指すのが当然だったんでしょう。


でも、ぼくらゆとり世代にとっては結婚というのは人生の選択の1つに過ぎないし、出世というのも費したコストに対して本当に適正なリターンを得られるのか、ペイするのかという基準で選択するものになりつつあります。



世の中の大きな流れにのって無意識のうちに画一的な選択をしてきた世代と、インターネットの普及で思想や文化が合う人同士が繋がることができるようになって、たとえ少数派でも自分の自由にいろんなことを選んできた世代との違いなのかもしれません。



かくいう学徒も、結婚や恋愛はともかく、出世についてはコスパが悪いのでやめようと考えている人間です。

アラフォー以上の世代に比べると相対的に効率重視のところがあるので、職場の上の世代の人が、学徒から見ると生産性のないのない仕事に対する謎のこだわりのようなものを持っていて、しかもそれを下の世代についても押しつけてこようとする姿に嫌気がさします。


一方で、アラフォー以上の世代も学徒たち若い世代の、彼らのしきたりを無視した効率重視主義に対して、「大事なのは効率だけじゃねぇだろ!」と言いたい雰囲気を感じます。



たぶん、ゆとり世代とそれ以上の世代との間にある明確な壁は、今後もずっと消えることはないでしょう。






「残業せずに毎日早く帰るのは仕事に対するやる気がない証拠」
「飲み会も仕事のうち」
「若い世代が率先して雑用を引き受けるべき」


未だに日本の企業には上の世代が作り上げたこういうわけの分からない非合理的な制度がたくさん残っていますが、彼らが引退するまでもうしばらくの間、小言を言われながらなんとか耐えないといけないようです。

 

スポンサーリンク