30代から始めるプログラマー生活

地方上級公務員を辞めて30歳からITエンジニアになりました。

冷静に考えると自炊はペイしない

こんにちは、学徒です。


昔はよく節約のために自炊してたんですが、最近外食ばかりで全然自炊しなくなりました。


たまには自炊しないとなぁと思ったんですが、ふと自炊って本当に節約になるんだろうかと疑問に思ったので趣味レーションしてみました。


自炊するとなると①買い物、②調理、③皿洗いの3つの工程が発生することになります。


それぞれの肯定にかかる時間を試算してみましょう。

仮定として、晩ごはんのみを自炊することにします。


①買い物
スーパーに行くのに5分、帰るのに5分、選ぶのとレジで10分かかったとします。

すると合計20分です。

3日に1回買い物をするとすると、1日あたり7分かかったことになります。


②調理
これは何を作るかによって全く違うので一概には言えませんが、学徒は調理に慣れていないので一律15分とします。


③皿洗い
これも量によりますが、1人分とかだと大した量ではないので3分くらいとしましょう。



①~③を足し上げると合計25分です。


ここで、この25分を金額に換算してみます。


学徒の1時間残業したときにもらえる残業代をざっくり2000円とします。

2000円×25分/60分=833円


つまり、晩ごはんの調理に833円の人件費がかかっていることになります。

材料費などを考えると晩ごはんだけで1000円以上使っている計算になるはずです。



これはあくまで「もし自炊する時間残業したら」という機会費用の考え方をしただけで、実際には自由に残業して稼げるとも限りませんので一概に「自炊は節約にならない」と言い切ることはできません。


しかし、これから能力を磨いて成長していく過程にある若者にとっては、自炊して無駄にする時間があったら勉強でもしてもっと高い給料をもらえるようにするか、副業の道を切り開いてさらに収入を増やすことを考えた方が賢い投資だと言えます。


お金を出して外食に行けば、毎日ラクに好きなものが食べられるうえ、学徒が作ったものより美味しいのです!!


自炊して節約することを考えている人は、その時間分確実に成長の機会を失っているという事実にもちゃんと目を向けるようにしましょう!


毎日30分自炊して10年過ごした人と、毎日30分オンライン英会話で英語を勉強して過ごした人は、10年後どちらがより成長しているでしょうか?

お金はあとでいくらでも稼ぐことができますが、成長は少しずつしかしません。

節約することも大切ですが、もっと自分の成長に投資することも考えてみましょう!!


スポンサーリンク