30代から始めるプログラマー生活

地方上級公務員を辞めて30歳からITエンジニアになりました。

会社を辞める覚悟ができてきた!

こんにちは、現役プロ社畜ブロガーの学徒です。


イケダハヤトさんの提唱するブロガーとして生きるという生き方に触れてからまだ3週間ちょっとですが、この短い期間に自分なりにこれまでの人生やブロガーとしての生き方を考えて続けてきました。


そして、今ははっきりと会社を辞めるという選択肢が頭の中に浮かんでいます。


もちろん今すぐには辞めないですよ。

ブログで収益さえ上がっていれば会社自体は明日にでも辞めてもいいんですが、今は全く収益がないので今辞めると急速に貯蓄を削ることになって結局違う仕事をしなければならなくなります。

なので、しばらくは今の仕事は続けます。


でも、食えるようになってきたらある程度の安全マージンを確保してすぐにでも会社を辞めます。



正直、現段階の話で言えば会社を辞めれば収入は激減して一生会社勤めのときの給与分稼ぐことはできない可能性も十分あると思っています。


でも、それならそれでいいかなぁと思うのです。


というか学徒の性格上、自分の給与に納得できなかったら死ぬほど頭を使って、死ぬほど行動することが目に見えています。


24時間365日の全てを自分のやりたいことに捧げられるのであれば、たとえ一生会社勤めのころの給料を越えられなかったとしても納得が行くと思うんです。「そうか、所詮俺は会社という安全な船に乗っていたからうまくやっていたけど、本来の実力はこんなもんだったのか」と。



プロ社畜として会社に奉公しているときには全くこんな発想ありませんでしたが、自分のやりたいことなら時給とか残業とかそういうの全然関係ないんだなーと今は思ってます。



ブロガーというのも今の自分の趣味嗜好に合っているというだけなので特にこだわりはありません。

ブロガーとして食えないなら在宅ワークを中心に働いてもいいし、何か適当に考えて起業すればいいと思うのです。

もし、ダメなら別な企業に就職すればいいのです。

きっと今の会社よりは数段は給料や福利厚生は落ちるでしょうが、自分の実力が足りなかっただけなので、本当の本当に自分の力を全て出し尽くしての結果ならたぶん「俺ってこんなもんだったんだなぁ」って諦めもつくと思うんです。


今までずっと起業とか自営という生き方に憧れてきたけど、本当の意味での勇気も無かったし、地に足がついていないやる気ばっかりで具体的に何がしたいというのはありませんでした。

でも、ブログで稼ぐという生き方に出会って、久しぶりに、本当にそれはもう5~6年ぶりに自分の中に「この分野で自分の全力をぶつけてみたい」と夢中になれることに出会うことができました。


今は会社を辞めることへの不安というよりも、自分の中の「ブログでもっとこんなことをしてみたい!」「こういうこともできるかもしれない!」というワクワクでいっぱいで一刻も早く会社を辞めて自分のブログに徹底的に集中したいくらいです。



とはいえ、学徒はまだまだブログを本格的にはじめて1ヶ月もたってない超初心者。

学ばなければならないことが今は山のようにあるので、毎日1つずつでも新しいことを自分の中に吸収していけるようにコツコツ頑張ります!!



1年後の学徒は今とは随分違う状況になっているはずです。

今このブログを見てくれている数少ない方は「ブログで1円も稼いだこともないのに、仕事をやめてブログで食っていく」とぬかしているこの変な男のことを頭の片隅にでもいいので覚えておいてください。

必ず目標に近づいた学徒の姿をお見せします!!!

スポンサーリンク