『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【奨学金破産】奨学金を1000万円借りるということの過酷な返済の現実【学生必見】

こんにちは、貧乏家庭出身の学徒です。
最近奨学金が返せなくて破産する若者が増えているようです。

 

かくいう学徒も他人事ではなくて、大学を卒業するために1000万円近い奨学金を借りています。
今回は1000万円近い奨学金を借りると、返済するために生活をどれくらい圧迫するのかということについて書いてみます。

特にこれから奨学金を借りて大学に行こうとしている人、既に借りて大学に行ってる人に見て欲しいです。
学生時代は社会人の給与って具体的には見えずらいですから、なるべく情報を公開して正しい選択をするための参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

①奨学金の内訳

まずは、「大学の学費に1000万円もかかるかよ!」と思う人もいるでしょうから奨学金の内訳を書いて見ます。

(大学時)
生活費480万円(月10万円×4年間)
学費約400万円(年100万円×4年間)

(大学院時)
学費約100万円(年100万円×1年間)


これらの合計が980万円なので約1000万円になります。

学徒は貧乏家庭で育ったので、大学の入学金と最初の引越し費用以外は全て自分で借りた奨学金でまかないました。
見ていただければ分かるように、借りた奨学金の半分は生活費で消えています。
田舎から東京の大学に出てくるということはこれだけの負担が伴うということですね。

学徒は鹿児島の出身ですが、鹿児島にはあまり良い大学がないので、医学部・歯学部・薬学部に行く人以外のほとんどの学生は東京・大阪・福岡などの都市に出ていっていました。

そして、その際の生活費は親が負担するか、奨学金で負担するかの2択なので、学徒のように貧乏家庭で育った人間はもれなく奨学金という借金をして大学に進学することになるのです。


「実家が関東にある」というだけでどれだけのメリットがあるか計り知れないですね。


学徒はその他アルバイトもしていましたが、その辺のお金は以下のようなものに消えています。

(アルバイトで稼いだ)
・ダブルスクールに通っていた学費(約100万円)
・大学院時代の生活費(約120万円)
・大学院の入学金(30万円くらい?)
・運転免許(約30万円)
・その他遊びとかいろいろ


「もっとアルバイトをして奨学金残高を減らすべきだ」とかいろいろ意見はあるかと思いますが、一応実体というか結果として学徒の奨学金は大学院を卒業して就職するまでの間に約1000万円程度になりました。 

スポンサーリンク

 

②返済の内訳

学徒は学生支援機構(旧・日本育英会)から奨学金を借りています。

利率は約1.4%の固定金利で年間約50万ずつ20年間支払いを行います。

あ、無利子の奨学金(1種)と有利利子の奨学金(2種)を併用しているので利子がつくのは2種だけになります。

2種で借りたのは大学時の生活費の480万円分ですね。


さて、ここから年間約50万円の奨学金の返済の負担について考えていきます。

単純に50万円を12ヶ月で割ると月に約4万円の返済になります。

学徒はボーナス払いの設定にしているので、月に約2万円の返済で24万円、夏と冬のボーナスで12万ずつ払って24万円、合計48万円の返済という感じです。


これを具体的な生活状況に落とし込んでみましょう。

学徒は現在28歳(社会人5年目)、ベースとなる年収が約450万円、残業代が約50万円で合計で年収500万円前後です。

残業代は可変なんで今回は考慮にいれないとして、ベースとなる約450万円を毎月の手取りベースでみていきます。

だいたい毎月の手取りは約21万円、ボーナスが夏と冬それぞれ約40万円ずつもらえます。

学徒の場合はボーナス併用払いなので、月に約2万円とボーナスで約12万円を返済することになります。


学徒の月の生活費内訳はざっくりこんな感じ

(内訳)
家賃75000円←渋谷の道玄坂に住んでるので結構高いです
家賃更新料積立5000円
光熱費10000円
携帯料金8000円
食費30000円
交際費20000円
雑費20000円
奨学金返済20000円
貯金22000円

合計約21万円


なんだ全然生活できるじゃん!!

と思うことでしょう。


はい、全然生活できます。

でもここにはいくつかの前提があることも忘れてはいけません。

1つめは、学徒が独身で子供もいないということです。

結婚して子供ができたりすると一気にいろんな費用を切り詰めなければならないことは間違いありません。



そうなると年間50万円の奨学金の返済というのは一気に負担が重くなってきます。

月換算で4万円もあれば将来的には子供の食費、洋服代、塾、習い事等の費用を捻出できるわけですから、まさに明暗を分けかねないくらい大きなお金ということもできます。

2つめは、年収450万円というのは20代では高い年収の部類に入るということです。

まず、20代と30代の年収の平均値と中央値を見てみましょう。

 



(20代の年収)
平均値343万円 中央値320万円

300万円未満:33%
300万円台:39%
400万円台:19%
500万円台:6%
600万円台:2%
700万円台:1%
800万円以上:0%


(30代の年収)
平均値458万円 中央値420万円

300万円未満:12%
300万円台:25%
400万円台:27%
500万円台:17%
600万円台:10%
700万円台:5%
800万円台:2%
900万円台:1%
1000万円以上:1%

年齢別年収分布(20代30代40代50代)と年収の中央値|東大法学部卒自由商人「速水鏡」のインターネット副業講座 


平均値は説明不要だと思いますが、中央値はデータのちょうど真ん中にいる人の年収です。

簡単に説明しましょう。

例えば年収100万の人が9人いて、年収1億円の人が1人いる合計10人の平均年収は1090万円になります。このようにデータの母集団の中に飛びぬけて高い年収の人がいると、ほとんどの人が年収100万円なのに、平均年収は1090万円と実体とかけ離れた結果が出てしまいます。
これをさけるために、使うのが中央値です。これは年収が高い順にデータを並べてデータのちょうど真ん中の人、今回だと全部で10人なので上から5番目の人の年収が中央値です。この場合中央値は100万円になるので、まさに実体をあらわしていますね。


話を戻します。


20代の年収は平均値343万円 中央値320万円なので学徒の年収は平均や中央値から見ると結構高いということが分かります。

もちろんこのデータは学歴や地域をごちゃまぜにしてるので、東京の大卒の平均年収とは違うという点は考慮に入れる必要があります。また、20歳~29歳の平均なので28歳とこの層では上の方の年齢に入る学徒の年収が高いのは当たり前ともいえます。


ここで学徒が言いたいのは、「学徒はたまたま大企業に就職することができた」のでまだぎりぎり生活が成り立っていますが、安易に1000万円の奨学金を借りると場合によってはかなり苦しい生活を強いられる、という現実です。


これは大学に行っている頃の自分に対しても口をすっぱくして言いたいことです。


ちょっとシュミレートしてみましょう。

年収320万円だとすると、25%くらいは税金と社会保障費で持っていかれるので、手取りの年収は240万円くらいです。ボーナスなしで全て毎月貰うとすると月の手取りは20万円。ここから毎月4万円の奨学金を支払うのです。

生活が破綻するとまでは言いませんが、月に4万円もあれば遊びに行ったり、服を買ったり、飲みにいったりあらゆることに使えるわけです。奨学金さえなければ楽しめた生活を諦めなければならないかもしれません。


正直、収入と支出の管理が苦手で浪費の激しい人なら、手取りの20%を借金の返済に充てなければならないという状況はかなり危険な水域にあると言えるでしょう。

また、人によっては結婚して家族を作るという道を諦める人も出てくる水準だと言えます。


奨学金を1000万円背負うということがどれだけリスクがあることか少しは伝わるでしょうか?



参考に年齢と学歴別の年収の表を張っときます。



年齢別の男性・正規社員の年収(中央値)
20160709_1

学歴、会社規模、年齢別の年収を中央値で比較・2015年版|何もないから何かみつかる

 

 

3つめは、今の年収を維持できるか分からないこと

大学を卒業して運よく大企業に就職して、晴れてまぁまぁの収入を得られるようになったとしてもその収入を維持できるかは分かりません。


学徒も若い頃は分からなかったのですが、人生って結構浮き沈みがあるものです。


大企業に就職しても、業績悪化で収入が激減したり、会社が潰れてしまうかもしれません。

会社は潰れなくても、リストラされて仕事を失ってしまうかもしれません。

働きすぎて体を壊したり、メンタルを病んでしまって仕事を続けられなくなるかもしれません。


そうなったときにはじめて、奨学金の残高が1000万円もあることが重くのしかかってくるのです。
 

スポンサーリンク

 

③結論:安易に多額の奨学金を借りるべきではない

ここまで説明してきて、奨学金を1000万円も借りるということがどれだけ生活の負担になっているかということがお分かりいただけたと思います。


学生時代の学徒は「1000万円の借金なんて年収500万円なら必死で頑張れば2年で完済できるじゃん!!」



と考えていました。

アホですね(笑)


まぁ、大学時代は夢と希望に満ちていたのでかなり強気な子だったのと、現実を知らなかったので許してくださいw


ただ、学徒の場合は今現在はなんとか生活が成り立っているのでいいですが、場合によっては笑い事では済まされない場合もあるということはしっかり考慮する必要があります。


NHKのクローズアップ現代で、奨学金が返せなくて破産する若者、そして連帯保証人になっている高齢の親も払えなくて破産という奨学金による破産の連鎖が起こっている実体を描いています。


学徒の場合はもう1000万円の奨学金を背負ってしまっているので今更何を言ってもしょうがないですが、これから借りる高校生、今借りている大学生はしっかりとこの現実を直視して欲しいと思います。

最後に、これだけ脅してきましたが学徒は大学と大学院に奨学金を借りていったことについては1ミリも後悔はないということを申し添えておきます。大学での生活は今現在の学徒の思想と生き方に大きな影響を与えてくれました。そして、奨学金の制度が無ければ、貧乏家庭の出身であった学徒が大学に行くなどということはできなかったので、その点については奨学金に感謝しています。

この記事が高校生、大学生のみなさんが正確な情報をもとにそれぞれの人にとって正しい選択をする一助になれば幸いです。

スポンサーリンク