『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

【クローズアップ現代+】ついに来た!?“マネー”新潮流 ~ソーシャル・インパクトの衝撃~【評価感想】

こんにちは、学徒です。

今回のクローズアップ現代は「ソーシャル・インパクト」でした。

「ソーシャル・インパクト」とは投資家の投資マネーを社会的貢献投資に呼び込むという新しい考え方です。


これまでひたすら利益を求め続けていた投資マネーが新しい方向へ進み始めたというとても興味深い内容でした!


スポンサーリンク

 



(あらすじ)
イギリスがEU離脱を決める前日、ウォール街が熱気にあふれていた!乱高下する株や為替とは全く違う新たな投資「ソーシャル・インパクト(社会的貢献投資)」を始めた投資家や巨大投資銀行を取材。フェイスブック創業者のザッカーバーグ氏も投資する新分野として注目を集めている。担うのは、リーマンショックを引き起こした「反省」から新手法を生み出そうとしてきた金融工学者たちだ。運用に悩む日本の年金基金も注目!マネーの新たな可能性と課題に迫る。

 ついに来た!?“マネー”新潮流 ~ソーシャル・インパクトの衝撃~


ここでツイッターの反応を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 


純粋に素晴らしいという声がある一方で、日本には向かないとか、結局はマネーゲームに代わりははないっていう意見が見られますね。


学徒の意見としては単純に面白い流れが出てきたなぁ!!というものでした。


もう10年近く前ですが、学徒が大学1年生のころに企業家の人の話を聞いて回るというツアーに参加したことがあったのですが、その中に「社会的な問題を起業で解決」するっていう「社会的起業」っていうのに取り組んでいる人たちに会ったことがあります。

アジアの国で貧困のために売られていく少女を助けるために、現地で少女たちに物を作ってもらって、それを日本で売って儲けたお金で少女達に教育を受けさせたりするなど素晴らしい活動をしていました。

単純にお金をかけて支援するのではなくて、それをビジネスという形で収益をあげられるようにすると、自分の資金を自分で集められるために持続的に支援を続けることができます。

ここが社会的起業の最も素晴らしい点ですね。



学徒はこのソーシャル・インパクトの番組を見たときに、最初に思い出したのがこの社会的起業という発想でした。

これまで社会的起業の人たちは自分達で最初の資本を持ち寄ったり、補助金を受けてビジネスをはじめていたためにどちらかというと慈善事業の側面が強くて、その分野についてよほど興味のある人じゃないと続けられないようなハードルの高いものでした。


しかし、このソーシャル・インパクトはちゃんと収益を出して投資家が儲かるということを前提に作られているために、取り組む人にとってかなりハードルを下げることができるのが非常に素晴らしい点だと思います。


まだまだ新しい発想なので成熟していくまでにはしばらく時間がかかると思いますが、また1つ社会を良くするシステムが開発されて人類の文明は一歩先に進んだかなぁと思いました。

スポンサーリンク