『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

タッチタイピングで数字キーを押すコツ

こんにちは、ブロガーの学徒です。

みなさんはキーボードを見ずに打つタッチタイピングで数字キーを性格に押すことが出来ますか?


学徒はついこの間まで数字キーは目で見ながら打っていました。

でも、あることを意識してから数字キーもタッチタイピングできるようになったのだご紹介します。


そのコツとはズバリ、


「キーボードのへこんだ部分を滑らせるように移動する」


ということです。

キーボードはもともと斜めに綺麗に配列されて設置されています。

さらに、各キーは中央が微妙にへこんでいるんです。

そして、キーボードが綺麗に配列されているために、このへこみも綺麗に並んでいるんですよ!

だから、最初の手の位置(ホームポジション)からそのままへこみの部分を滑らせていけば自然と数字のキーまで到達できるんです!!



正直、これは目からウロコでした。

今まで、指を持ち上げて数字キーまで移動していたのでミスタイプが目立っていました。

でも、「滑らせるように移動する」ことを意識してから数字キーも見ずに正確に入力することができるようになりました!



数字キーも含めてタッチタイピングできるようになったことで、タイピングの効率はとても上がりました。

なぜなら数字を見ながら入力するときに、資料から目を話さずに入力できるようになったからです。

どうしてもっと早く気付かなかったんだろうという実に簡単なことでしたが、「へこんだ部分を滑らせるように移動する」と意識しただけでびっくりするくらい簡単には数字のタッチタイピングができるようになりました。


学徒のように、数字以外ならタッチタイピングできる人でも、数字となると見ながら打ったりテンキーを使ったりする人は多いと思います。


ごく簡単な意識の切り替えをするだけで数字のタッチタイピングもできるようになるので、皆さんも是非試してみてください!!

 

スポンサーリンク