『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

奨学金の返済を考えると、今は会社を辞めるべきではない

こんにちは、ブロガーの学徒です。

学徒は現在、会社を辞めて在宅ワークをしながら生きていくことを目指しています。

今回は会社を辞めるとどのような生活になりそうか主に財務面から考えてみます。

①生活費

まずは、既に検討している生活費のおさらいをします。

www.dogenzakagakuto.com

上記の記事で、どれくらい生活費がかかるのか検討しました。

その結果、渋谷に住む場合約21万円、東京郊外に住む場合は約16万円お金がかかることが分かっています。

学徒は奨学金の返済が残り800万円ほど残っています。

毎月4万円の奨学金返済がかなり家系を苦しめているのが現状です。

この約4万円の奨学金の返済を除くと、東京郊外だと月に約12万円で生活できます。

また、税金は前年の年収をベースに計算されるので、このモデルでは税金を多めに見積もっています。

しかし、収入が減れば税金も減るので翌年度からは1~1.5万円は減ると思われます。

さらに、食費や生活費を節約すれば、東京郊外なら月に約10万円以内で生活することは可能です。

現在の貯蓄額から考えると、全く収入がなくても東京郊外なら2~3年程度は生活ができます。

この2~3年の間に在宅ワーク、特にブログで生計を立てる道を確立したいところです。


スポンサーリンク

 

②奨学金と貯蓄

次に今回の本題である奨学金と貯蓄について考えます。

奨学金残高800万円ということさえなければ、今すぐ仕事を辞めても生計はなんとか立てられます。


しかし、債務残高が高いので、この状況で仕事を辞めるのは非常にリスクが高いです。

そこで資産と負債のバランスからいつ仕事を辞めるのが適切か考えます。

学徒は毎年約50万円の奨学金の返済を行い、それとは別に約100万円の貯金をしています。

この状況から各年度末時点の奨学金残高と貯蓄額、そして資産と負債の差である純資産を考えます。


年度 | 奨学金残高 | 貯蓄額 | 純資産

28年度|750万円|400万円|-350万円
29年度|700万円|500万円|-200万円
30年度|650万円|600万円|-50万円
31年度|600万円|700万円|100万円


このデータを見ると、今すぐ仕事を辞めると純資産ベースで350万円以上の債務超過の状態で退職することになります。

今すぐにでも仕事を辞めたい気持ちでいっぱいですが、財務面から冷静に分析すれば非常に危険であることが分かります。

最低でも29年度末、できれば30年度末くらいの純資産の状況でないとかなり大きなリスクを背負うことになるでしょう。

③結論

財務面を考慮すると、今すぐ仕事を辞めるべきではない!


これまで、生活費の収支をベースに退職のシュミレーションを重ねてきました。

そのシュミレーションでは、今すぐ仕事を辞めても生活は成り立つという結論が出ています。

しかし、今回奨学金と貯金額という財務の面を考慮して計算すると「今すぐ仕事を辞めるべきではない」という全く別の結論が導かれました。

財務面のみで考えれば、やはり純資産が大幅なマイナスとなる債務超過の状態で退職するのは非常にリスクがあると言えます。

どれだけのリスクを背負って退職するかというのは、その人の「判断」なので一概に何が正しいとは言えません。

しかし、1つの判断材料として、純資産がいくらの状態で退職するかというのは重要な指標となります。

気持ちのうえでは、今すぐにでも仕事をやめてブログに専念したいですが、財務面の情報を見ると現実的に考える必要性を感じます。


今後、学徒がどのような結論を出すかはその時々の状況によって変わるでしょう。

ただ、今現在の気持ちとしては1~2年は何とか我慢して今の会社で踏ん張るのが懸命だと考えています。

その間に奨学金残高↓、貯蓄↑、ブログ収入↑を実現して、虎視眈々と独立に向けて準備を進めるつもりです。


年度 | PV | 収益
28年度末|20万PV|6万円/月
29年度末|40万PV|12万円/月
30年度末|60万PV|18万円/月


こんな感じでブログの運営を進めることができれば、もっと早く貯蓄↑、純資産↑を実現できるはずです。

やはり、「早く仕事を辞めたければ、早くブログで収益をあげる」という事実は変わらないので、今はただひたすらブログに打ち込むのが一番の近道となりそうです。

 

スポンサーリンク