『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

全てのものが市場化され、標準化される時代になってきた!

こんにちは、ブロガーの学徒です。


最近、世の中のあらゆることのレベルが上がってきているなぁと思います。


学徒が小学生くらいだった20年前は何を買うにもイメージ先行だったし、一番近いお店で買うことが多かったです。


しかし、今は価格.comのように同じ商品でも一番安い店を選ぶようになり、買う前には購入者のレビューを入念に読み込んで調査をしてから買うようになりました。


これは何も買い物をするときだけではなく、あらゆることに対して行われているように感じます。


つまり、


全てのものが市場化され、標準化される時代になってきている!


んだと思うわけです。


例えば労働市場についても、ブラック企業という言葉が生まれて、「極端に労働環境が悪い会社は辞めて他に行けばいいんだ!」と多くの労働者が気付くようになりました。

こうなるとブラック企業に集まる労働者は少なくなり、ブラック企業は待遇を上げるか、立ち行かなくなって淘汰される運命になります。

まさに市場原理によって「より良いもの」が生き残り、「ダメなもの」が淘汰されていくわけです。

このシステムがどんどん働けば世の中はレベルの高い方向に標準化されていきます。



学徒が感じている「最近いろんなことのレベルが上がっているなぁ」という感覚は、この市場化と標準化の影響によるものなのでしょう。





市場化によって「ダメなもの」が淘汰されるというと、なんとなく「ダメな自分」も淘汰されるんじゃないかと普通の人は不安になると思います。

でも、実際には市場化が進んで十分に流動性が確保されると、あらゆるものに「適正な価格」がつくようになってくるので、「ダメな自分」であっても誰にも買い手がいなくなることはなくて「安い価格」で必ず価格が決定されるようになります。

「安い価格」になることは怖いかもしれませんが、これは今の仕事を辞めても必ずどこかで自分を「安い価格」でなら買ってくれることを意味しているのである意味では安心感もあります。

そして「安い価格」で取引される自分を変えるために努力すれば、もっと高い自分が望む価格で売り出すことも出来るようになることも意味しています。

今の会社で適正な評価をされていないと感じる人は、市場化が進めば転職して簡単に適正な評価を得ることが出来るようになるわけです。




市場化の波はものすごいスピードで世の中に浸透してきています。

そのうえ、人工知能まで参入して来たら今の世の中の常識が一気にひっくり返るような変化が起きるでしょう。

市場化・標準化が進んでいく世の中ではこれまで以上に「ブランド」がものを言う世界になります。

「この価格でこの品質だから買う」のではなく、「ここの製品だから買う」という強みが必要になるわけです。




市場化で世の中はどんどん便利に楽しくなっていきます。

しかし、自分自身も市場化に取り込まれるので、これからはより独自性が重要となります。

日ごろから自分の頭でしっかり考える習慣を身につける必要がありそうですね。

スポンサーリンク