『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

PlayStationVR (PSVR)体験会で「サマーレッスン」で遊んだから感想を書くよ

DSC_0019
こんにちは、ブロガーの学徒です。

今日は渋谷ツタヤでやっていたPlayStationVR (PSVR)体験会に行って来ました!!


前にも行ったことあるんですが、今回は前回は無かった「サマーレッスン」の体験をしてきたので感想を書きたいと思います。

(参考)

www.dogenzakagakuto.com

 





スポンサーリンク

 


SUMMER LESSON(サマーレッスン)とは、バンダイナムコエンターテインメントのPlayStation VR用ゲームである。

デモ版においては、プレーヤーは家庭教師となり、学生服を着た日本の女子生徒、あるいはアメリカから旅行中のミュージシャンの女性、のいずれかに相手に言葉を教える内容となっている。その中で女性は、「ちゃんと家庭教師してくださいよ?」「先生、ちゃんと聞いてます?」等々、プレーヤーに積極的に話しかけてくる。 その時にアイコンが空中に表示され、首を縦に振って「YES」、横に振って「NO」と動作で受け答える。近づいた時には「近すぎますよ~!」と軽く怒られたりと、プレイヤーの頭の動きにあわせてリアルタイムに反応を返してくれる。キャラクターの眼や顔の向きがプレーヤ-を中心に動いていることが、彼女の存在感を高めている。

2014年版のデモでは日本の女子生徒が、2015年版のデモではミュージシャンの女性を相手にする内容となっていた。製品版ではどのような内容になるのかは発表されていない。

 http://dic.nicovideo.jp/a/summer%20lesson







このゲームは女子学生の家庭教師になって部屋で2人きりで会話を楽しむ感じのゲームです。


内容もデモゲームで遊んだ限りは、女の子の質問に対してYESなら首を縦に振り、NOなら首を横に振るというすごく単純なもの。


でも、これがめっちゃいい感じなんですよ~!!



何かを操作することをゲームと呼ぶ人にとっては、「サマーレッスン」はゲームではなくただの映像コンテンツに過ぎないかもしれません。


でも、単純に女子学生と2人っきりで会話することをゲームとして楽しめる人にとっては新しい世界が開けることは間違いありません!!


学徒は普段は美少女ゲームの類はほとんどやりませんが、「サマーレッスン」は体験したらめっちゃやりたくなりました!!!



それまで2次元ゲームだと思っていたこの手のゲームの女の子が、VR技術によって本当に目の前にいるんですよ!!


すごく下世話な話で申し訳ないんですが、女の子の胸元のボリュームがすごくリアルに感じるんです。


また、体験の中に女の子がモノを落として拾うというこれまたベタなシチュエーションがあるんですが、しゃがんだときに胸元が見えそうになる感じがまためっちゃリアルでいいんです!!



あえて言おう。


このゲームには男のロマンが詰まっている!!




ヘッドフォン越しに聞こえる女の子の声や、女の子らしい作りの部屋に2人っきりでいる感覚。


なんのハプニングもないただの日常的な光景なんだけど、なんでこんなに癒されるんだ!?


美少女ゲームとか今までほとんどやったことないけど、これが俗に言う「萌え」というやつなのか!!



とにかく、そういうゲームが好きな人にとっては間違いなく楽しめる作品だし、そうでない層のユーザーにも新しい世界への扉を開くようなそんな作品だと感じました!!



PlayStationVR (PSVR)の発売と同時の10月13日に発売されるVRゲームでまだキラーコンテンツと言えるようなものはありません。

そうなると、10月13日に発売されるこの「サマーレッスン」はPlayStationVR (PSVR)で遊ぶ最初のゲームにするのも十分ありだと学徒は感じました!!!



なんとなく「PlayStationVR (PSVR)でどんなゲームで遊んでるの?」→「サマーレッスン!」とは答えづらいですが、消去法で考えて行くと確実に候補に上がるゲームであることに間違いはありません。



トレイラーの段階で既に魅力を感じさせるゲームですが、VR環境で遊ぶとさらに評価が高まるタイプのゲームです。

気になっている人はぜひPlayStationVR (PSVR)体験会に行って遊んで見ることをおすすめします!!

スポンサーリンク