『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

南アフリカのケープタウンの旅行体験記を書くよ!~喜望峰とテーブルマウンテン観光~

IMG_0851

こんにちは、ブロガーの学徒です。


2015年の夏に友人と南アフリカのケープタウンに旅行に行って来たので体験記を書きます。

今回は写真を中心にざっくりした体験記です。

旅行計画やホテルの取り方ツアーへの申し込み方法なんかを踏まえた詳細いな旅行体験記は時間があるときにまた書きたいと思います。

南アフリカに旅行に行く人なんてめったにいないのできっと参考になるはず!!
 


スポンサーリンク

 

IMG_0774


日本から南アフリカへの直行便は出ていません。

なので、日本→香港→南アフリカ(ヨハネスブルグ)→南アフリカ(ケープタウン)と飛行機で移動することになります。

香港から南アフリカ(ヨハネスブルグ)まで13時間くらいだったかな?

だいぶ長いけど、寝たり映画を見たりしてたら案外すぐ到着します。



f:id:gakuto428:20161101233956j:plain




長い長い飛行機の旅を終えてようやくケープタウンに到着。

とりあえず食事。

南アフリカの人たちは体がでっかいので、日本人にとっては何を頼んでもビッグサイズなのです!



IMG_0803


とりあえず空港からホテルまでタクシーで移動。

日本と違ってタクシーが信頼できるか不安でしたが、一応政府公認っぽいタクシー屋さんの窓口が空港内にあるので、案内してもらっていきました。

ホテルに着くまでは変なところに連れて行かれないかビクビクしていました。

スマホでgoogleマップを常に確認して確実にホテルに近づいていることを確認しながらの旅(笑)

ここが一番緊張したなぁw


IMG_0804
IMG_0805
IMG_0811

南アフリカケープタウンの街並み。

アフリカというと発展途上国というイメージがあるけど、南アフリカは普通に都会です。

ミニヨーロッパみたいなイメージを持ってもらえるとよいかと。

何気ない街並みの風景なんだけど、日本人の感覚からしたらこの光景が既に超素敵です!!



IMG_0832


こちらが南アフリカのケープタウンで有名な「テーブルマウンテン」です。

上の方がテーブルみたいに平らになっているからそう呼ばれてるんだと思います。

テーブルマウンテンに登る予定で旅行に行ったのですが、風が強くてロープウェイが休止していたので残念ながら登れませんでした。

気候が安定しない時期に行ったのでしょうがないですね。

でも、遠くから眺めているだけで絶景だったのでこれだけでもケープタウンに行った価値がありました!


なお、スーパーファミコンの「風来のシレン」という学徒の大好きなゲームにも「テーブルマウンテン」というのが出てきます。

だからこそ是非とも登りたかったんですが、、、うーん無念!!


IMG_0851
IMG_0854

f:id:gakuto428:20161101234031j:plain



「ウォーターフロント」という飲食店が入ったショッピングモールに行きました。

レストランなんかがたくさんあるので、ケープタウンに観光に来た人はみんなここに来ると思います。

写真は夕暮れ時にウォーターフロントの裏にあるスポットで撮った写真。

日本とはちょっと違う夕暮れ時の街並みが素敵です。

学徒も「たそがれポーズ」を決めているところを友達に撮ってもらいました(笑)


IMG_1104

ちなみに、ウォーターフロントの裏手にはこんな鳥さんなんかもいます。

日本ではあんまり見ない感じですよね。

人間に慣れているようで、結構近くに来ても全然気にしていない感じでした。


f:id:gakuto428:20161101234103j:plain


IMG_0855
IMG_0863

ウォーターフロントのレストランで夕食。

超絶オシャレなレストランでした!

この写真を知り合いに見せると「絶対女と行っただろ?」と言われますが、ガッツリ男2人で行きましたよ(笑)

野郎と二人には完全に無駄なオシャレ感w


料金はお酒飲んだりしたけど日本円で3000円くらいだったかな?

総じて食事は安いのが南アフリカの魅力でした!



IMG_0931
IMG_0935

翌日はツアーに申し込んでテーブルマウンテンへ!!

しかし、前述したとおりロープウェイの入り口まで行ったけど風が強くて動いて無かったので観光スポットをドライブすることに。

上の写真はこの辺のリゾート地のエリアとのこと。

まるでイタリアのような街並みなので、この画像だけ見るととても南アフリカだとは思えないですね。

2枚目の写真の出っ張った岩山は「ライオンヘッド」と呼ばれてるらしいです。

テーブルマウンテンに登れなかったときはライオンヘッドツアーになるというプランでした。


IMG_0948
IMG_0951

途中カラフルな家のエリアをドライブ。

ガイドさんがなにやら説明してくれたけど全部英語だったので学徒のリスニング力では分からなかったw

ネットで調べたら「ボカープ地区」というらしいです。

写真が少し暗めに写っていますが、天気がいい日に来るとパステルカラーがとっても綺麗な街並みです。


IMG_0962

半日のテーブルマウンテンツアーが終わって再びケープタウンへ。

危ない目に遭いたく無かったので、夕食を食べに安全なウォーターフロントへ。

ウォーターフロントに世界の各都市の方角と距離を示す標識が立っていました。

なぜか日本代表の都市が「大阪」になっていましたが何か友好都市協定でも結んでいるんでしょうかw


IMG_1145

f:id:gakuto428:20161101234155j:plain


IMG_1151
IMG_1153
IMG_1154
IMG_1155

夕食は友人たっての希望で「寿司バー」へ。

なんでも、日本の寿司が世界でどのように扱われているのか是非食べてみたかったんだとか。

他のお店と比べてもなかなかの高級な部類に入るレストランでした。

南アフリカでは寿司と言えばもっぱらサーモンのようで、多くの寿司にサーモンが使われていました。

一方で、日本で見るようなメジャーなネタはほとんど無かったので外国人にはやっぱりサーモンがウケるようです。

日本ではなかなか見ないような独創的なデザインのお寿司がたくさんあってちょっとビックリ。

味は普通に美味しかったです!!

が、やはり日本の寿司の奥深さには勝てないなと実感しました。

この点は日本の圧勝です(当たり前だけどw)。



f:id:gakuto428:20161101234235j:plain

 

f:id:gakuto428:20161101234259j:plain


IMG_1195
IMG_1239


翌日は丸1日かけた喜望峰へ行くツアーに参加しました。

途中で船に乗って野性のアザラシのコロニーを見に行きました。

学徒も友人も船が大の苦手なので、船酔いで吐きそうになりながらアザラシのコロニーに到着!

可愛い赤ちゃんアザラシがいたりでこのときばかりは酔いを忘れて夢中で写真を撮ってました(笑)


余談ですが、この旅行のために学徒は望遠レンズがついた一眼レフのデジカメを購入していました。

船からアザラシの岩場までは結構距離があるのですが、これだけアップでアザラシを撮影できたのは望遠レンズのおかげです!

5万ぐらいした一眼レフデジカメセットでしたがこのアザラシを撮れただけでも買ったかいがありました!!



IMG_1275
IMG_1277
IMG_1279

アザラシのコロニーから帰ると、喜望峰へ向けて車で向かいます。

途中車の中から撮った何気ない道路の写真でしたが、帰ってから見返してみるとすごく素敵だったので載せておきます。

天気も良くてすごく気持ちいいドライブでした!


IMG_1292
IMG_1327

f:id:gakuto428:20161101234407j:plain

 

f:id:gakuto428:20161101234430j:plain




喜望峰へ行く途中に今度はペンギンのコロニーに行ってきました。

入り口から海辺に行くまでは結構な距離があるので歩いていくのですが、最初は全然ペンギンがいなくて1匹見つけるごとにきゃっきゃ言って写真を撮っていました。

しかし、海辺に行くと山ほどペンギンがいるのに気付いて、1匹のペンギンであんなにはしゃいでいたのが恥ずかしくなるほどでした(笑)


2枚目は子育てをしているお母さんペンギンです。

毛が生えそろってないのが赤ちゃんペンギンなんです。

中にはめっちゃ成長してお母さんと同じくらい大きくなってる赤ちゃんペンギンもいたりして、なんとなく親のスネをかじってるどら息子イメージを持ってしまいました(笑)


一番下の写真はペンギンのコロニーの草むらにいた謎の動物です。

謎の動物のくせに愛くるしい目をして可愛かったのでいっぱい写真を撮ってしまいました(笑)


IMG_1388

ペンギンのコロニーをあとにして喜望峰へ向けて再び走り出します。


喜望峰直前の草原に野生のダチョウ(?)がいてガイドさんが車を止めてくれたので写真を撮りました。


こんなでかい動物が野生でウロウロしてるとかさすが南アフリカです!!


IMG_1370

そして喜望峰到着!!


めっちゃ地味な写真ですね(笑)


でもこの岬から左側はインド洋、右側は大西洋という境目にいるんです!



だからどうしたという話なんですが、インド洋と大西洋を同時に眺めることができる世界で唯一の場所なんですよ~。

まぁ海に境界線なんかないから気分の問題なんだけどね
(。・ω・)ノ゙




IMG_1393

そしてお約束の記念撮影スポットです。
「CAPE OF GOOD HOPE」が喜望峰の英訳です。


写真はツアーで一緒だった仲のいい家族。

レストランで一緒に食事してる時に「夏休みはどれくらいあるんだい?」と聞かれて「1週間」と答えたら絶句されました(笑)

彼らは1~1.5ヶ月くらい夏休みがあるそうです。

いいなぁ。・゚・(ノД`)



学徒たちはここで写真を撮って「喜望峰で写真を撮ってきた!!」と言いたいがためにわざわざ南アフリカまで来たのです(笑)


ここには載せていませんが、


喜望峰で撮った写真は本当に一生の思い出です!!



日本からはすごく遠かったけど南アフリカ旅行楽しかったなぁ。


喜望峰自体はただの海なんですが、「俺は喜望峰に立った!!」と一生言えるので南アフリカの旅行はなかなかオススメですよ。



以上、ざっくりでしたが南アフリカ旅行体験記でした。

スポンサーリンク