『ドクリツ!』

会社から独立して自由な働き方を目指す人のための情報サイト。

「挑戦する人」の失敗を望んで生きていくのかい?

こんにちは、ブロガーの学徒です。

学徒は現在大企業でプロの社畜として働いています。


業種的にも競争が激しいわけではないので、とりあえず今の会社にしがみついていれば一般的なレベルでの安定した人生は送れそうです。


しかし、今の会社でどんなに出世しても「挑戦して成功した人」には絶対に勝てません。


学徒の会社で頑張って出世しても40代で1000万円、さらに一般入社から最高レベルで出世しても50代で1200万円が上限です。

もちろんこれは出世した場合で、大多数の社員は700~800万円止まりです。

それも残業まみれで、やりたくもない仕事を長期間やってやっと得られる果実がこれなのです。


年収700~800万円もあれば日本全体で考えればそこそこのレベルだし、生活に困ることはないでしょう。


でも、「挑戦して成功した人」には絶対に勝てないのです。


もちろん「挑戦して失敗」した人よりはいい暮らしが出来るでしょう。


しかし、学徒はこれから「挑戦する人」の失敗を望んで生きていくのでしょうか??


「挑戦する人」が現れた時、このゲームのルールで学徒が勝つには「挑戦者に失敗してもらう」ことしかできません。

そしてそれは学徒がコントロールすることが出来ない要素です。

目の前に負けたくない相手がいる時に、自分が出来るのが「相手の失敗を祈る」ことだけなんて学徒には耐えられません。
 

そうなると、やっぱり今の会社を辞めて学徒自身が「挑戦する人」になる他ないと思います。



今の会社を辞めたらもう二度と同じレベルの大企業に戻れないことはわかっています。

失敗すれば今よりもっと悲惨な状況に陥る可能性があることも知っています。

自分でもアホだなぁと思うけど、この考えをどうしても変えることが出来ないのです。

はぁ、めんどくさい性格に生まれてしまったなぁ(笑)

 

スポンサーリンク